logo

トレンドマイクロ、Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトを出荷開始

ニューズフロント2004年09月14日 14時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは9月14日、Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトウェアServerProtect for Linux 1.3の出荷を同日開始すると発表した。税別の標準価格は20アカウント当たり10万3600円。ボリュームディスカウントも用意する。

 ServerProtect for Linuxは、カーネルフッキングモジュールによるリアルタイム検索のほか、手動検索、予約検索などが実行可能。カーネルのバージョンにかかわらず同一ウェブコンソールから管理が行えるので、多様なLinux環境下でも効果的に防御できるという。

 対応プラットフォームは、旧版からのRed Hat Linux 7.2(カーネル2.4.9-31/2.4.9-31smp)、Red Hat Linux 7.3、Red hat Linux 8.0、Red Hat Linux 9、Red Hat Enterprise Linux(AS/ES/WS)2.1に加え、新たにRed Hat Enterprise Linux(AS/ES/WS)3.0、MIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside、MIRACLE LINUX Standard Edition V2.1でも利用可能とした。

 標準価格には、1年間分のバージョンアップやデータベースダウンロードなどサポート利用権が付属する。2年目以降もサービス利用を継続するには、契約更新時の標準価格の50%に相当する更新料が必要。

 同社は、今後1年間で売上高2億円を目指す。

トレンドマイクロのプレスリリース

-PR-企画特集