logo

日本ベリサイン、RFID事業への参入に向け活動を本格化

ニューズフロント2004年09月02日 14時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインは9月2日、2005年度以降の無線ICタグ(RFID)事業への参入に向け、市場調査および開発に関する活動を本格的に開始すると発表した。今後、同社は各種セミナー/トレーニングの開催、評価版サービスの提供、各パートナーとの実証実験などを行う。

 同社の親会社である米VeriSignは、RFID関連の標準化団体EPCglobalから委託を受け、RFIDの流通時に名前解決を行うObject Name Service(ONS)を運用している。

 「これらVeriSignのノウハウと、当社がこれまで国内市場向けに提供していた既存のネットワークサービス向けセキュリティソリューションとの相乗効果が期待できるため、事業化に向けた活動開始を決定した」(日本ベリサイン)

日本ベリサイン

-PR-企画特集