logo

LinuxWorld、サンフランシスコで開幕へ--各社の動きはいかに - (page 2)

Stephen Shankland(CNET News.com)2004年08月02日 20時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 各社の新たな動き

 たとえばIBMは、自社のPowerプロセッサを中心にLinuxを発展させていきたいと考えている。Linux向けのチップとしては、PowerはIntelやAdvanced Micro Devices(AMD)製のチップほど一般的ではない。IBMはLinuxWorldで、ポートランド大学のような大学が同社の推進するプログラムに参加し、PowerベースのサーバとLinuxを試験的に導入することを発表する予定だ。また同社では、StoneSoftやAcucorp、Congnos、HansaWorldといった新しいソフトウェア企業が、Power-Linuxの組み合わせをサポートすることや、こうしたパートナーシップをさらに進めるプログラムを発表する。

 こうしたパートナーシップ・プログラムの1つは、IBMがビジネスパートナーに、Linux関連製品の共同マーケティング資金として5000ドルを提供するというものだ。そして、対象製品がPowerバージョンのLinuxの場合にはこの金額が7500ドルに、また別のビジネスパートナーが絡んだ3社によるパートナーシップ--IBMではこれを「ValueNet」と呼んでいる--の場合には1万ドルに増加する。

 IBMのLinux戦略担当バイスプレジデントのScott Handyによると、同社はこうしたLinux ValueNeを2003年には50件成立させたが、今年は275件という目標を設定しており、これを達成できると見込んでいるという。またPowerプロセッサで動作するLinuxアプリケーションの数は今年これまでで300から600へと倍増していると同氏は付け加えた。

 ライバルのHPでも独自のパートナーシップ・プログラムを計画している。まず、同社は社内で開発したLinuxのトレーニングやソフトウェア、情報をビジネスパートナーに提供するプログラムを立ち上げる。さらに同社は、SunのSolarisをサポートするソフトウェアベンダ各社をLinux陣営に引き込むために試みを行う。

「わが社では、Linuxへのアプリケーション移植をまだ行っていないSolarisの主要ISV(独立系ソフトウェアベンダ)を見つけ出し、彼らに働きかけていく」とHPのLinuxマーケティング担当コミュニケーションマネジャーのJeffrey Wadeは述べている。

 また、IBMの「Linux on Power」に対抗し、HPはIntelのItaniumuを採用した自社のIntegrityサーバ製品を打ち出している。HPでは、顧客からの要望に応えて、8基もしくはそれ以上のItaniumチップを搭載したサーバでのLinusサポートを加速させており、このなかには最上位機種にあたるSuperdomeサーバも含まれると、Wadeは説明した。同社は、まず半年後にRed Hat Enterprise Linuxのサポートから始め、その四半期後にはNovellのSuSE Linux Enterprise Serverのサポートも行う予定だ。

 Sunは、最高業務責任者(COO)のJonathan Schwartzがいまだに自社のSolaris OSを強く推しているものの、いまではLinuxも提供している。同社は今回のLinuxWorldで、これまではSolaris向けにしか提供していなかったソフトウェアが、Red HatおよびNovellのSuSE LinuxのLinuxでもまもなく動くようになることを発表する。

 このソフトウェアはSun Ray Serverのバージョン3だが、これは「シン・クライアント」と呼ばれる簡易型のデスクトップコンピュータに接続したサーバ上で稼働するソフトウェアだ。Sun Ray Serveryはデスクトップ用のソフトウェアを動かすもので、現状ではSunのSolarisが稼働するUltraSparcベースのサーバ1台につき、約20台のデスクトップコンピュータを動かせる。同ソフトウェアのLinuxバージョンは、2004年第4四半期に登場の予定だが、少なくともSolaris版と同程度のクライアントをサポートし、またSolarisにはなかったデスクトップ用Linuxソフトウェアも動かせる機能が追加されると、SunのデスクトップソフトウェアグループのBenjamin Baerは述べた。

 この他、Sunは「Sun Studio 9」という名のプログラミングツールについて、Linux版も発表すると、 同社Network Systems Groupのマーケティング担当シニアディレクターJohn Fanelliは語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]