logo

ルネサスと日立がECHONET普及に向け通信モジュールで協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルネサス テクノロジと日立製作所は7月7日、白物家電・住宅設備機器向けホームネットワーク規格ECHONETの普及に向けて協力すると発表した。第一弾として、日立が開発したECHONET、BluetoothRPANプロファイル、UDP/IPの各ソフトウェアをルネサス テクノロジのH8/Tinyマイコンに搭載。両社はECHONET規格対応の小型・低価格Bluetooth通信モジュールに必要な技術をモジュールメーカー向けに提供する。

 ECHONETは家電や住宅設備機器などをネットワーク接続することによって、宅内・宅外から自在に操作できるというもの。ユビキタス社会に必須の技術であり、これらを相互に連携させることによってホームセキュリティ、省エネ、ホームヘルスケアといったサービスが可能になる。機器に組み込む通信モジュールの小型化、低価格化、低消費電力化も急がれており、両社は今回ECHONET規格対応の小型・低価格Bluetooth通信モジュールの提供は普及・発展において非常に有効だろう。

 今回提供する機器の特長は、Bluetooth PANプロファイル、UDP/IP、ECHONETの各ソフトウェアをROMサイズ32Kバイト以下、RAMサイズ2Kバイト以下にメモリを削減することで、従来に比べてプロトコルスタックを軽量化。また、家電や産業機器などの組み込み機器において広く使用されている、コンパクトで高性能なルネサス テクノロジの少ピン・小型パッケージのマイコンH8/Tinyをベースとした内蔵メモリを利用。これによりすべてのプロトコルをワンチップで完結させている。さらに、軽量ソフトウェアとワンチップ汎用マイコンの組み合わせにより、通信モジュールに必要な部品数を削減し、小型・低価格・低消費電力を実現に成功した。

 今後、両社はIEEE 802.11b、IEEE 802.15.4などの通信方式に対応したソリューションを開発し、順次提供していく予定。また、本モジュールと家電機器に対して、ECHONETコンソーシアムで策定した標準仕様に対応したインターフェースを提供し、より多くのメーカーの家電機器への適用も視野に入れている。

日立:ニュースリリース

-PR-企画特集