logo

ボーダフォン、3G携帯端末にJavaを採用へ

Ben Charny (CNET News.com)2004年06月28日 17時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州の携帯電話大手であるVodafoneは、次世代のダウンロードサービスに、Sun MicrosystemsのJavaソフトウェアを採用する。両社による発表は、米国時間28日にサンフランシスコで開かれる開発者向けのJavaOneカンファレンスで行われると見られている。

 またSunは同日、NokiaのSNAPモバイル製品との連携を強化し、ゲーム開発者らが同社のワイヤレス用ツールキットを利用して、「技術的な障害やネットワーク接続に関する問題」を克服できるようにすることも発表すると、Sunのチーフゲーミンングオフィサー(chief gaming officer)のChris Mellisinosは述べた。同氏によると、これらの障害や問題が災いして、ワイヤレス端末を使ったマルチプレイヤーゲームの売上が伸び悩んでいるという。

 SunとNokiaのコラボレーションによって、携帯通信各社はこれまでより簡単かつ低コストでマルチプレイヤーゲームを追加できるようになると、Sunの幹部らは考えている。この目的達成に向け、SNAPはSunのJava 2 Platform Micro EditionやWireless Toolkit、Sun Java System Content Delivery Server、Java Enterprise Systemに統合され、携帯通信各社はSunのSolaris上で、これらのシステムを稼働することになる。これに関して、Sega Mobileがこのプラットフォーム向けに開発された初めてのゲームをデモすることになっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集