ウインドリバー、Eclipseプラグイン形式の組み込みLinux用IDEを出荷開始

ニューズフロント2004年06月22日 17時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウインドリバーは6月22日、組み込みLinux用の統合開発環境(IDE)Wind River Workbench 2.0の出荷を開始した。同社が同日明らかにしたもの。

 Wind River Workbench 2.0は、オープンな開発プラットフォームEclipse用のプラグインとして設計されている。マルチ環境対応のフレームワークにより、マルチプロセッサ、マルチプロセス、マルチスレッドなどを同時にデバッグできる。また、Linuxの各種ディストリビューションを使用した開発も可能。

 対象プロセッサは現在のところモトローラのMPC82xxシリーズのみだが、順次対応プロセッサを増やしていく。また、2004年中には同社のリアルタイムOSであるVxWorksへの対応も予定している。

ウインドリバーのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加