logo

2003年世界シリコンウエハ市場は10.5%増、国内は3年ぶり2ケタ成長

ニューズフロント2004年06月10日 14時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナー ジャパンのデータクエスト部門は6月10日、2003年の世界シリコンウエハ市場に関する調査結果を発表した。それによると、売上高は63億ドルで、前年に比べ10.5%増加したという。地域別では、米大陸が前年比5%減、欧州が同1%増という状況であったのに対し、韓国(同32%増)、台湾(同22%増)、その他アジア太平洋地域(同34%増)は大きく拡大している。国内市場もデジタル家電向けデバイスなどの需要にけん引され、同15%増という2ケタ成長を3年ぶりに記録した。

 ベンダー別の売上高は以下の通り(かっこ内は売上高ベースの市場シェア)。

  • 1位:信越半導体、18億8150万ドル(30.1%)
  • 2位:シリコンユナイテッドマニュファクチュアリング(SUMCO)、14億420万ドル(22.4%)
  • 3位:ドイツWacker Siltronic、9億260万ドル(14.4%)
  • 4位:米MEMC Electronic Materials、8億910万ドル(12.9%)※
  • 5位:コマツ電子金属、5億5610万ドル(8.9%)
    ※MEMC Electronic Materialsは合弁会社の売り上げを含む。

 1位の信越半導体がシェアを伸ばして2位と3位を引き離した一方、4位と5位がシェアを微増させるなど、上位ベンダーの状況に変化が現れ始めているという。こうした状況について、ガートナー ジャパンのデータクエスト部門主席アナリストの小川貴史氏は、「上位ベンダーの主力製品となっている300mmウエハにおいても、すでに価格へのプレッシャーが厳しく、価格を含めたビジネス戦略の差異が徐々に売り上げの伸びに反映してきている」と分析する。

 今後の需要見通しについては、「半導体需要の旺盛な需要増加によりウエハ需要も大きく増加しており、現在、需給バランスはタイト状態にある。その結果、2004年は価格が安定し、上昇もありえる」(同氏)とみている。

ガートナー ジャパンのプレスリリース(PDF形式)

-PR-企画特集