ノベル、新デスクトップLinux OS「SUNDANCE」を今秋リリースへ

永井美智子(CNET Japan編集部)2004年06月02日 17時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米NovellはLinux kernel2.6をベースにしたデスクトップOSを2004年秋にリリースする。6月にはベータ版がリリースされる予定だ。これは6月2日から東京ビッグサイトにおいて開催されているLinuxWorld Expo/Tokyo 2004の基調講演の中で、米Novellコーポレート・プランニング&ディベロップメント担当上級副社長のRalph Linsalata氏が明らかにしたもの。

 このデスクトップOSはコード名でSUNDANCEと呼ばれており、Linsalata氏はSUNDANCEを「次世代のエンタープライズLinuxデスクトップ」と話す。

米Novellコーポレート・プランニング&ディベロップメント担当上級副社長のRalph Linsalata氏

 Novellは2003年8月にLinuxソフトウェアメーカーの米Ximianを買収し、2004年1月には世界第2位のLinuxベンダーであるSuSE Linuxを2億1000万ドルで買収している。Linsalata氏によると、SUNDANCEの開発はXimianとSuSE Linuxの技術者が進めているという。

 SUNDANCEはkernel2.6を採用したことで、従来の3倍から5倍の速さでアプリケーションを動かすことができるという。USBのプラグアンドプレイ機能やリモートデスクトップシェアリング機能も備えるという。

 NovellではSUNDANCEにさまざまなソフトウェアを同梱し、デスクトップOSとしての利便性を高める考えだ。カレンダーソフトのEvolution 2.0のほか、Novell版のOpenOffice.orgが含まれる予定で、これによりMS Officeとの互換性を実現するとしている。

 また、新たにパワーマネジメントツールがYaSTに追加されるという。Linsalata氏は、「今までデスクトップLinuxでパワーマネジメントをすることは難しかったが、GUIで操作できるようにした。これがブレイクスルーになるだろう」と期待を寄せた。

 Linsalata氏によると、Ximian Desktop2やSuSE Linux Desktop1のユーザーはSUNDANCEにアップデートすることが可能という。

 Linuxはサーバ市場でその地位を確立しつつあるが、デスクトップ市場はまだMicrosoftの独壇場だ。この状況を打破しようと、5月にはRedHat Linuxが同社初のデスクトップOS「Red Hat Desktop」を発表した。NovellもデスクトップLinuxに関してHewlett-Packwardとの提携を発表している。

 日本国内ではデスクトップLinuxに関してターボリナックスがHPと提携を発表しているが、そのターボリナックスはLindowsOSの国内販売権を持つライブドアの傘下にある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加