イー・アクセスがTD-SCDMA(MC)の実験局本免許を取得、都内で実験開始へ

ニューズフロント2004年05月28日 17時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イー・アクセスは5月28日、総務省から次世代モバイルブロードバンド技術TD-SCDMA(MC)の実験局本免許を取得した。同社が5月28日に明らかにしたもの。同社は4月15日に実験局予備免許を交付されていた。本免許に切り替わることで、フィールド実験実施と実験データ収集が行えるようになる。同社は都内に実験局を設置し、約1年間TD-SCDMA(MC)方式のフィールド実験を実施する。

 TD-SCDMA(MC)は、TDD(Time Division Duplex:時分割複信)通信方式の一種。スマートアンテナ、マルチキャリア、上り同期CDMAといった技術を用いて周波数の利用効率を上げ、より広い範囲でより高速なデータ通信が可能になるという。

 同社は、実験で電波特性やスループット特性など技術的な項目を評価する。さらに、TDD方式で実現予定のモバイルブロードバンドサービス「どこでもADSL」の検討を行う。実験結果は総務省のIMT-2000技術調査作業班に報告される。

イー・アクセスのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加