logo

マクロメディア、ウェブコミュニケーションツールMacromedia Breezeを6月に発売

ニューズフロント2004年05月18日 15時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクロメディアは5月18日、ウェブベースのコミュニケーションツールMacromedia Breeze日本語版の販売を6月7日に開始すると発表した。

 Macromedia BreezeはMacromedia Flash技術に対応しており、エンドユーザーはMacromedia Flash Playerをインストールするだけで利用できる。同製品は、ウェブ会議ソリューション、ウェブプレゼンテーション、ウェブトレーニングをそれぞれ実現する3種類のモジュールで構成されている。各モジュールによって実現されるソリューションの概要は以下の通り。

  • ウェブ会議ソリューション:
 ウェブブラウザを用意するだけで参加可能なウェブ会議が実現できる。画像の録画、電子ホワイトボード/画面/アプリケーションの共有に対応
  • ウェブプレゼンテーション:
 Microsoft PowerPointのプレゼンテーションデータにナレーションを追加し、Flash形式に変換することで、ウェブブラウザ経由で音声付きプレゼンテーションを公開できる
  • ウェブトレーニング:
 Microsoft PowerPointを使ってEラーニングコース教材を作り、Flash形式で配信できる

 Macromedia Breezeの詳細は、同社のウェブサイトに掲載されている。

マクロメディアのプレスリリース

-PR-企画特集