オーディオ機器メーカー8社が音楽配信会社を設立、5月にサービス開始

ニューズフロント2004年04月20日 15時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオ機器メーカー8社は、音楽配信事業を手がける新会社エニーミュージックを2004年2月1日に設立した。エニーミュージックが4月20日に明らかにしたもの。新会社に出資した企業は、オンキヨー、ケンウッド、シャープ、ソニー、ディーアンドエムホールディングス、日本ビクター、パイオニア、ヤマハの8社。新会社は、音楽配信などを中心とするサービスAny Musicの提供を5月20日に始める。

 エニーミュージックは、国内主要レーベルの約3万8千曲をサービス開始時に配信できる体制を整える。楽曲の価格は、シングルが1枚158円から、アルバムが1枚1050円からの予定。同サービス対応オーディオ機器向けの直接配信のほか、FM放送事業者や音楽CD物販事業者とも提携し、FM放送オンエア中の楽曲情報閲覧サービスや、音楽CDのオンライン販売なども手がける。

 Any Musicサービスを開始するにあたり、エニーミュージックは、国内主要レーベル各社が共同出資している音楽配信事業会社のレーベルゲートとのあいだでシステム連携および音楽配信サービスで業務提携する。また、音楽CDのオンライン販売ではHMVジャパンの協力を得る。

 エニーミュージックのサービスは、当初エニーミュージック対応ホームオーディオ機器での利用に限られる。将来は対応機器をカーオーディオに広げるとともに、移動体通信機器とのサービス連携も検討するという。

 エニーミュージックの概要は以下の通り。

  • 所在地:東京都港区
  • 資本金:6億円
  • 出資企業(かっこ内は出資比率):ケンウッド(15.9%)、シャープ(15.9%)、ソニー(15.9%)、パイオニア(15.9%)、オンキヨー(9.1%)、ディーアンドエムホールディングス(9.1%)、日本ビクター(9.1%)、ヤマハ(9.1%)

エニーミュージックのプレスリリース(PDF形式)
オンキヨー
ケンウッド
シャープ
ソニー
ディーアンドエムホールディングス(英文)
日本ビクター
パイオニア
ヤマハ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加