logo

アップル、新型eMacを発表--価格切り下げ、内容充実

Matt Hines(CNET News.com)2004年04月14日 13時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerは米国時間13日、同社のデスクトップ機「eMac」の最新モデルを発表した。このモデルには、従来製品と比べて高速なプロセッサや記録型DVDドライブが追加されている。

 Appleは教育関係者や生徒への自社ブランドのロイヤリティー浸透を目指した取り組みを進めているが、今回のeMacの最新版もその一環となる。そのため、新しいeMacでは内部コンポーネントをアップグレードするだけでなく、価格も引き下げている。Appleは長い間教育市場を自社の牙城としてきたが、最近では他社もこの分野に食い込んできている。

 eMacの最上位機種となる新モデルは、8倍速のSuperDrive(DVD-R/CD-RW両用)をシリーズの中で初めて装備し、プロセッサも従来の1GHzから1.25GHzへと高速化している。また、333MHzのDDRメモリやさらに高速なグラフィックチップ、USB 2.0ポートも搭載している。小売価格は999ドルで、現行eMacの最上位モデルと比較して100ドルの値下げとなる。同社は、ハードディスクの容量を抑えてSuperDriveを搭載しない799ドルのモデルの販売も続ける。

 新しいeMacモデルでは、オプションとして内蔵用Bluetoothモジュールや内蔵アンテナ、ワイヤレスネットワーク機能をサポートするカードスロットが用意される。そのほかにも、1GバイトのRAMや、80Gバイトおよび160Gバイトのハードディスクなどのオプションが用意されている。また購入時には、Apple最新のOSであるPanther (Mac OS X ver. 10.3)と、動画や音楽ファイルの作成・視聴用アプリケーションがプレインストールされている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集