GMO、レンタルサーバ「ロリポップ」を運営するpaperboy&co.に資本参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グローバルメディアオンライン(GMO)は3月2日、レンタルサーバ事業者のpaperboy&co.に資本参加すると発表した。paperboy&co.は「ロリポップ!レンタルサーバー」のブランド名でサービスを提供している。

 資本出資にあたって、GMOはpaperboy&co.の第三者割当増資を引き受け、株式の50.1%を取得する。この結果、GMOはpaperboy&co.の議決権を持つことになる。GMOグループのサーバ契約数は約10万9000件(2003年12月末時点)、ロリポップのサーバ契約数は6万9000件(2004年2月末時点)で、両社を合わせると国内1位のサーバ契約数となる。

 資本提携の結果、GMOは月額10万円を超える高機能レンタルサーバサービスから、月額250円の初級者向けレンタルサーバまでのラインナップを揃えることになる。また、GMOグループは法人顧客の売上が83%と法人市場に強く、一方、ロリポップは10代後半から20代前半の女性をターゲットにしていることから、個人顧客の売上構成比率の上昇をもたらすとGMOでは見ている。

グローバルメディアオンラインのプレスリリース
paperboy&co.のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加