logo

Winnyの暗号を解読・ブロックできるファイアウォールが登場

ニューズフロント2004年02月17日 15時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットエージェントは2月17日、PtoPソフトウェアWinnyの通信内容を解読できるファイアウォールOne Point Wall Winnyの販売を2月27日に開始すると発表した。これにより、通信内容を調べてWinnyの動作を阻止することなどが可能となる。価格は100デバイス当たり9万8000円。

 Winnyは国内で広く使われているPtoPソフトウェア。データを暗号化してやり取りするため、通信内容を判断して検知することが難しかった。One Point Wall WinnyはWinnyの暗号化データを解読できるので、通信がWinnyによって行われているかどうかを判断した上でやり取りを阻止できる。

 One Point Wall Winnyはブリッジタイプのファイアウォールで、ネットワークの再設定が不要。Pentium III(動作周波数800MHz)以上に相当するプロセッサを持つハードウェアに対応している。起動用のCD-ROMだけで動作するので、インストールする必要もない。また、IPアドレスを設定しないステルス設定や、USBメモリなどへのログ保存も行える。

ネットエージェント

-PR-企画特集