logo

EMC、間接販売強化に向けて組織を変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMCジャパン(中山隆志社長)は、中山社長が打ち出したパートナーを経由した間接販売強化のために、組織変更を行った。

 これまで直販部隊の陣頭指揮をとっていた富樫尚人・テレコム営業本部長がパートナー営業統括本部長に就任。パートナーとの協業体制の確立など、間接販売事業を推進していくことになる。

 加えて、技術面、サポート面の2事業の強化のために、新任の執行役員を招き入れた。技術面では、村上憲司氏が執行役員テクノロジー・ソリューションズ本部長に就任。村上氏は、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)やサン・マイクロシステムズなどで、チャネル開発、パートナー営業などに携わってきた。

 一方、サポート面では、藤生徹氏が執行役員カスタマー・サービス本部長に就任した。藤生氏は、高千穂交易(現日本ユニシス)、日本サン・マイクロシステムズ(現サン・マイクロシステムズ)、ベリタス・ソフトウェアなどで、カスタマーサービスおよびテクニカルサービス事業に従事してきた。

EMCジャパン

-PR-企画特集