logo

日本テレコムが上海で100%子会社を設立、中国のソリューションサービスを強化

ニューズフロント2004年01月20日 15時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テレコムは、中国の上海で100%出資現地法人、杰梯系統集成(上海)を設立した。日本テレコムが1月19日に明らかにしたもの。同社は新会社を通じ、中国におけるソリューションサービスを強化するとしている。

 これまで同社は、北京、上海、香港で駐在員事務所を開設し、日系企業のネットワークシステムに対する要望などに対応していた。今後はネットワーク構築のコンサルティング、インテグレーション、保守/運用といったサービスを提供するために現地法人を新設したという。「当社の日中間国際サービス、Solteria国際IP-VPNサービスなどを利用している顧客のニーズに、より迅速に応えられる。さらに、中国側のネットワーク機器を含めたインテグレーションサービスも提供できる」(同社)

 新会社の概要は以下の通り。

  • 会社名:杰梯系統集成(上海)(日本語訳はジェイティーシステムソリューション(上海)、英文社名はJapan Telecom China)
  • 資本金:50万ドル
  • 所在地:上海市長寧区延安西路2201号
  • 総経理:本田浩ニ氏
  • 設立日:2004年1月12日
  • 主な事業内容:法人向け国際/国内ネットワーク構築に関わる各種ソリューションサービスの提供

日本テレコムのプレスリリース

-PR-企画特集