logo

F5ネットワークス、SSL VPNアプライアンス「FirePass」の日本語版を発表

ニューズフロント2004年01月20日 15時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米F5 Networksと同社の日本法人であるF5ネットワークスジャパンは、日本語化したSSL VPNアプライアンス製品「FirePassリモートアクセスコントローラ4.0日本語版」の販売を始めた。同製品を使用すると、専用ソフトウェアを導入せず安全に企業の基幹システムにリモートアクセスできるという。

 FirePassは、ウェブベースのアプリケーションだけでなく、あらゆるIPアプリケーションとの間でSSL対応リモートアクセスを実現するための製品。セキュリティ通信プロトコルであるIPsecと同等の接続性を備えるが、IPsecと違ってVPN専用ソフトウェアをインストールする必要がない。

 同製品では、

  1. メールや共有ファイル名などにおける日本語ダブルバイト文字のサポート
  2. ユーザーGUI、管理者GUIの完全日本語化(GUIはユーザーごとに日本語と英語を切り替え可能)
  3. ユーザーオンラインヘルプの日本語化
  4. デスクトップアクセスで利用するソフトウェアの日本語化

 といった日本語対応が施された。

F5ネットワークスジャパンのプレスリリース
F5 Networks

-PR-企画特集