NEC、「Windows Media」配信専用OS搭載のストリーミング専用サーバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは、業界で初めて「Windows Media」配信専用OSを搭載し、運用管理ソフトなど独自機能を付加したストリーミング(映像配信)専用サーバー「Express5800/InternetStreamingServer(DS)」を11月11日から販売開始した。価格は98万円から。

 新製品は、ブロードバンド環境に対応し、インターネット上での動画、音楽などのストリーミングコンテンツを高品質、高速に配信するアプライアンス(専用)サーバー。マイクロソフトとの協業によってストリーミング配信に特化し、「Windows Media 9」シリーズ配信のフル機能を安価に提供する「Windows Media」配信専用OS「Windows Media 9 Appliance Server」を搭載した。また、同社独自機能としてサーバーの初期導入、運用を容易にする専用ツールを開発、搭載している。

 主な特徴は、

  1. 「StreamPro/ManagementSystem」を始めとするユーザーからのアクセス認証や、配信したコンテンツの視聴状況を分析するカスタムログ出力などを行う市販の「Windows Media」プラグインソフトの搭載が可能
  1. ストリーミング配信に必要なソフトウェアをあらかじめインストール
  1. 同社が提供する初期設定ツールを利用することで、電源投入から約15分でネットワークの接続が可能
  1. Webブラウザベースの管理ツール

 ――など。

 インテル製CPU「Xeonプロセッサ(2.40GHz)」を採用し、最大2個まで搭載可能。さらに、ギガビットイーサネットを2ポート、PCI-Xを3スロット標準で装備することによって、ストリーミング配信性能について、WMT(Windows Media Technology)300kbpsで950ストリームを実現している。

NEC
「ストリーミングサーバー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加