お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Web 2.0の挑戦者:セマンティックウェブブラウザを目指すblueorganizer

2006/10/24 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 adaptiveblueのAlex Iskoldとその他のメンバーがメールでのインタビューに応じてくれた(2006年10月9日)。

blueorganizerはどのようなサービスを提供するWebアプリケーションですか。

 blueorganizerは次世代のインターネットブラウザを作ろうとするものです。今のブラウザはウェブを単なるコードとマークアップとして扱っています。映画やワイン、自動車といったような実際にそこにあるものは認識しません。また、今のブラウザはウェブ上で行った行動からユーザーの好みを察するようなことはできません。これが変わろうとしています。新しいブラウザは文脈を理解し、意味(セマンティクス)に注目します。利用者の個人的な情報を最高のウェブサービス群と相互連携させます。賢いブラウザは、利用者がものごとをより速く、よりよく扱えるようにするでしょう。blueorganizerは未来のセマンティックウェブブラウシング技術に一歩近づこうとするものです。

このプロジェクトを始めたきっかけは何ですか。

 adativeblueを始めたのは、ブラウザにセマンティクスを持ち込み、利用者がオンラインでいろいろなことをするのを助けるという分野に需要があると見たからです。これについては面白いいきさつがあります。わたしが以前立ち上げたInformation Laboratoryでは、ソフトウェアのアーキテクチャ上の問題を発見する構造分析ツールを開発していました。わたしが前に取り組んでいたのは構造の力についてであり、adativeblueは意味の力に関するものなのです。

blueorganizerの運用や拡張にどのくらいの時間を割いているのですか。本業はお持ちですか。

 わたしの時間と労力はほとんどadativeblueにつぎ込んでいます。また、わたしはコンサルティング業のほかにRead/WriteWeb、AJAXWORLD、その他Web 2.0関連誌で記事を書いています。

Alex Iskold氏

スタッフは何人くらいいるのですか。また、あなたの経歴をお聞かせください。

 われわれは4人で事業を立ち上げました。わたしは設立者兼最高技術責任者(CTO)で、ソフトウェア業界で12年の経験を持っています。前述の通り、これはわたしの2回目の事業の立ち上げになります。最初の事業は2003年にIBMに買収されました。また、わたしは最近まで第一線のグリッドコンピューティング関連企業であるDataSynapseでチーフアーキテクトを務めており、GridServerとFabricServer仮想化技術の構築に関わっていました。これらの経歴を通じて、わたしは複雑性の科学と技術に夢中になりました。わたしは今、複雑性の中にある単純さを明らかにする、大がかりで複雑なソフトウェアを構築するのを楽しんでいます。

 Anderson Parkerは最高品質責任者(CQO)で、この事業を軌道に乗せるのに大きな力となってくれています。blueorganizerのテストに力を尽くしてくれているほか、Andyはわたしがビジネス戦略やマーケティングを考える上で助けになってくれています。Douglas Rockhillは4elevenから参加してくれているデザイナーです。彼は最近われわれのウェブサイトを作り直し、blueorganizerとbluemarksの外観を大々的に変更する作業を進めています。

 Dominick D' Anielloは優秀なソフトウェアエンジニアですが、まだ大学3年生です。彼はWeb 2.0の道具の森に飛び込み、短時間で素晴らしいコードを書いてくれます。今年の夏、John Demmeというもう一人のエンジニアが一緒に働いてくれていたのですが、今は大学に戻っており、残念ながらあまり時間が取れない状況です。

 われわれは事業開発担当バイスプレジデントとソフトウェアエンジニアを探しています。われわれのやっていることに興味のある方がいたら、alex[.]iskold[@]adaptiveblue[.]comまで連絡してください。

eHubについて

Emily Chang氏が日頃使ったり魅力を感じたり注目したりしているウェブアプリケーション、サービス、リソース、ブログ、サイトをまとめた個人的なリストがeHubである。Chang氏はネットワークに毎日アクセスし、ネットサーフィンや検索、電子メール、RSSリーダー、SMSなどで何かを見つけたときに、随時リストを更新している。Chang氏が特に関心を寄せているのは、次世代ウェブ(ウェブ 2.0)、Ruby on Rails、Ajax、ブログ、ロケーションマッピング、オープンソース、フォークソノミー、タギング、デザイン、デジタルメディアの共有だという。そのため、eHubにはそういう視点が反映されている。

eHubが当初の意図を超えて成長するきっかけとなったのは、Chang氏とMax Kiesler氏によるウェブ 2.0アプリケーションサービスの開発者へのインタビューeHub Interviewsチャネルが追加されたことだ。Chang氏とKiesler氏は、サンフランシスコにあるウェブデザインコンサルタント会社Ideacodesの共同創始者兼代表者である。CNET Japanでは、eHubを運営するEmily Chang氏の了解の下、eHub Interviewsを翻訳していく。

筆者Emily Chang氏について

Emily Chang氏は、数々の賞を受賞したウェブインタラクションデザイナー、技術戦略家で、Max Kiesler氏と共同で設立したサンフランシスコのウェブコンサルタント企業Ideacodesの代表者である。ウェブとユーザーエクスペリエンスに関するデザインや技術、次世代ウェブについてのサイトEmilyChang.comの筆者であり、人気のウェブ 2.0リソースであるeHubの作成者でもある。同氏によればeHubとは、日頃使って魅力を感じたり、注目したりしているウェブアプリケーション、サービス、リソース、ブログ、サイトをまとめた個人的なリストなのだという。

※ この記事はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(帰属2.5)の下でライセンスされています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社