お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

東芝、岩手東芝に200mmウェハー対応生産ラインを新設

2005/07/22 21:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝と岩手東芝エレクトロニクス(岩手東芝)は7月22日、岩手東芝に200mmウェハー対応の生産ラインを新設し、LCDドライバとパワーMOSFET(ゲートの絶縁に酸化膜を使った電界効果トランジスタ)の生産を行うことを決定したと発表した。

 今回はモバイル機器の液晶画面駆動用LCDドライバや、民生機器向電源の電流制御等に使われるパワーMOSFETの需要拡大に対応するため、岩手東芝の新製造棟のクリーンルーム化を実施し量産ラインを新設した。同棟は1997年に建設されたが、その後の市場悪化により建家内のクリーンルーム化を中断していた。

 このラインへの設備投資金額として、同社は約100億円を見込んでいる。2005年度下期からパワーMOSFETの量産を、2006年度上期からLCDドライバの量産を開始する予定だ。生産能力は、2006年度上期の時点でLCDドライバが月産3750枚、パワーMOSFETが月産5000枚規模となる計画だという。

東芝 岩手東芝エレクトロニクス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社