お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フォトレポート:SCE、PSPの実機を駅構内に展示

2004/11/15 19:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は11月15日から、東京、大阪、名古屋の主要駅構内において新携帯型ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の実機を展示する広告を始めた。12月12日の発売に向け、認知度を高めるのが狙いだ。

 PSPは同社の家庭用ゲーム機「プレイステーション2」並みの画像処理能力を備える。IEEE 802.11bの無線LAN機能を利用してゲームコンテンツのダウンロードやネットワーク対戦などが可能だ。専用のUMDというディスクを利用し、音楽や映画の再生にも対応する。価格は2万790円。

 今回の広告ではPSP用のソフト「みんなのGOLF ポータブル」「どこでもいっしょ」「リッジレーサーズ」「ことばのパズル もじぴったん大辞典」の4タイトルの映像が流れる。「とにかく実物を見てほしい。大きな液晶を使った美しい画像は見なければわからない。東京ゲームショウ 2004でも展示をしたが、もっと幅広い人たちに見てもらいたい」(同社)

 ライバルの任天堂はニンテンドーDSを実際にプレイできるイベントを開催しているが、今回のPSPは展示のみで操作することはできない。この点については、「近いうちにソニービルなどのショールームで実際に体験できる場を設けたい」(同社)としている。

 PSPの出荷予定台数は日本、欧州、米国を合わせて2005年3月までに300万台としている。

新宿駅構内に展示されたPSP。東京メトロ新宿駅には都内最多の8台が展示されている。

防犯上の観点から、つねに警備員がそばに付いている

駅構内という立地もあり、多くの人が足を止めて画面を眺めていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社