お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、ウイルスをスキャンする「Windows Live Safety Center Beta」の日本語版を開始

2006/05/31 16:08

 マイクロソフトは、ブラウザ上でPCのウイルスをスキャンできるサービス「Windows Live Safety Center Beta」の日本語版を開始した。利用料金は無料だ。

 Windows Live Safety Center Betaは、ウイルスの検知と除去をするほか、インターネット接続の脆弱性を調査したり、コンピュータの処理速度を遅くする不要なファイルを検索し、削除したりする。また、チューンアップスキャンプログラムによってハードディスクの最適化も図れる。

 利用時には、「Windows Live Safety Center Beta スキャナ」という専用プログラムをインストールする必要がある。「ガソリンスタンドにPCを持ち込んで、調整とオイル交換をしてもらう感覚で使用できる」(マイクロソフト)

 対応OSはMicrosoft Windows XP、2000、Windows Server 2003。ブラウザはMicrosoft Internet Explorer 6.0以上、またはMSN 9.2で動作する。

 Windows Live Safety Center BetaはWindows Liveのサービスの1つで、米国では2月に提供されており、日本語版の提供が待たれていた。

人気の自転車が大集合

人気の自転車が大集合
電動アシストや折り畳みなど大集合

テレビ台&AVボード

テレビ台&AVボード
すっきり収納で、オシャレ度もUP!

大人カジュアル特集

大人カジュアル特集
35歳からの大人のラグジュアリースタイル

最新デジカメガイド

最新デジカメガイド
最新デジカメ情報が満載!見逃せない

iPhoneアクセサリー

iPhoneアクセサリー
自分だけのオリジナルにカスタマイズ

旅行の準備はココで完璧

旅行の準備はココで完璧
人気のスーツケースなど旅の前にチェック

特集 by 楽天市場

-PR-企画特集

企画特集一覧

注目コンテンツ

本日の主要記事

注目のキーワード

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社