お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

RSAがバッファローの認証サーバに暗号化/認証技術をライセンス

2004/12/06 14:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティとバッファローは、中小規模ネットワーク向けアプライアンス型認証サーバSecureLockStationを共同開発した。さらに、RSAセキュリティはバッファローに対し、暗号化および認証技術をライセンス供与した。RSAが12月3日に明らかにしたもの。

 SecureLockStationは、ユーザー認証にデジタル証明書を利用して、安全な無線/有線LAN環境を構築するアプライアンス型認証サーバ。バッファローが同日発表した製品である。

 EAP-TLS対応のRADIUSサーバ機能や、デジタル証明書を発行する認証局機能も備えている。利用時にデジタル証明書を意識する必要をなくすため、デジタル証明書と秘密鍵はUSB認証トークン(日本セーフネット製)に格納してユーザーに配布する。「これにより、高いセキュリティの確保とユーザーの利便性を両立させた」(RSAセキュリティ)

 なお、同サーバの無線LAN向け認証サーバソフトウェアは、IEEE 802.1X対応の認証に対応している。RSAセキュリティとインテック・ウェブ・アンド・ゲノム・インフォマティクスが、暗号化ツールキットRSA BSAFEをベースに共同で開発した。

RSAセキュリティのプレスリリース
バッファロー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社