お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソフトバンクグループのディーコープ、購買支出診断サービスを提供

2007/04/09 23:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループで企業の購買活動を支援するディーコープは4月9日、企業の購買支出を診断するサービス「診断@Dee」の提供を開始した。

 診断@Deeは、企業の購買支出データをもとに購買支出動向の“見える化”分析を行い、購買支出の適正化の方法を提案するサービス。購買支出を分析することにより、不透明であった購買支出が“見える化”され、企業の購買状況の把握や適正購買に必要な課題などが明確になり、購買適正化を行う業務の構築が可能となる。

 また今後は、全購買支出の診断だけでなく、電力などのエネルギーコストや通信費、コピー費などの個別品目に絞った診断・改善もメニューとして追加し、順次サービスを拡充していく予定という。

 ディーコープは、企業における「購買」活動を、「生産」「販売」「物流」に続く第4の利益源と考え、企業の購買活動を診断し、適切な改善方法の助言やサービスの提供を行っている。

 これまでに、リバースオークション方式による電子入札開催代行サービスや、見積取得業務支援サービス「見積@Dee」を通じて、企業のコスト削減に貢献。また、契約管理業務を支援するサービス「契約@Dee」により、企業購買支出の“見える化”に貢献してきたという。

 診断@Deeは、企業購買の“見える化”を行うにあたり、購買支出、購買内容(数量、仕様)が適正であるかどうかの診断ニーズの高まりに応え、提供を開始したとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社