お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

インテルがPentium M新バージョン投入でCentrinoチップを強化

2003/06/03 11:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelが、Centrinoノートパソコン用チップシリーズに磨きをかけた。

 同社は予想通り6月2日(米国時間)に、クロックスピードを高速化した新Pentium Mプロセッサー3種を発売した。価格は従来のバージョンのまま据え置きとなっている。

 3月に発売されたPentium Mは、IntelのCentrinoシリーズの要となるチップで、パソコンメーカーがワイヤレスネットワーク対応ノートパソコンを構築しやすいように設計されている。CentrinoシリーズにはPenitum Mのほか、Intel 855チップセットと、ワイヤレスネットワーク接続のためのPro Wireless 2100 802.11bモジュールが統合されている。

 同社はノートパソコン用チップ製品の需要が高いこの時期に、Penitum Mの高速化と新ソフトウェア追加によって比較的新しいCentrino製品を強化し、売上に弾みをつけたい考えだ。

 新Pentium Mの最速クロックスピードは1.7GHz。同社がいままで販売していたPenitum Mチップの最高速度は1.6GHzだった。またインテルは、それぞれ1.2GHzと1GHzで稼動する、低電圧、超低電圧Pentium Mチップも発売した。通常のPentium Mよりも消費電力が少ないこの小型ノートパソコン用バージョンは、従来はそれぞれ1GHzと900MHzのスピードで提供されていた。

 Centrinoシリーズには、ワイヤレスネットワークの場所確認や接続のためのアプリケーションが同梱されている。Intelは2日、この中のIntel Pro Network Connectionアプリケーションを今月中にアップグレードすると約束した。新バージョンでは、新たな無線LANセキュリティ規格Wi-Fi Protected Access(WPA)がサポートされる見込み。

 Pentium MやCentrinoチップシリーズは、まだ非常に新しいにもかかわらず、今までに数々のパソコンメーカーが採用し、さまざまなノートパソコンを生産している。Intelが数えたところによると、Pentium MとCentrinoを搭載したノートパソコンは、現在58機種発売されており、今年末までに125機種に増える見込みだという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社