お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フォトレポート:スペースシャトルが生まれた場所、NASAエイムス研究センターの内部

2006/04/13 23:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カリフォルニア州サニーベール郊外にある米航空宇宙局(NASA)エイムス研究センターで、アークジェット用冷却システムを構成する無数の蛇のようなホースの束を整理する職員。宇宙船の表面物質を試験するため、アークジェットから最大華氏4000度のガスが超音速で送り出される。
 カリフォルニア州サニーベール郊外にある米航空宇宙局(NASA)エイムス研究センターで、アークジェット用冷却システムを構成する無数の蛇のようなホースの束を整理する職員。宇宙船の表面物質を試験するため、アークジェットから最大華氏4000度のガスが超音速で送り出される。
Scroll Right Scroll Left

 カリフォルニア州サニーベール郊外にある米航空宇宙局(NASA)エイムス研究センターで、アークジェット用冷却システムを構成する無数の蛇のようなホースの束を整理する職員。宇宙船の表面物質を試験するため、アークジェットから最大華氏4000度のガスが超音速で送り出される。

提供:Amanda Termen/CNET Networks

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社