お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

エルピーダメモリ、11月に東証上場へ

2004/10/12 20:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京証券取引所は10月12日、エルピーダメモリの上場を承認すると発表した。上場市場は未定。11月15日の上場を予定する。資金調達額は1000億円超となる見込みだ。

 上場に伴い、同社は新たに2915万株の普通株式を発行する。また、オーバーアロットメントによる売り出しを、270万株を上限に行う。売り出し価格は11月4日に決定するが、想定価格は3400円という。1単元の株式数は100株。

 エルピーダメモリは日立製作所とNECが1999年に共同で設立したDRAM専業企業。2003年度の売上高は1004億4100万円、経常損益は254億6000万円の赤字、当期純利益は268万6500万円の赤字となっている。ただし同社では2004年度に業績が黒字転換すると見込んでおり、上場に踏み切ったという。

 上場により得た資金は300mmウエハを使った同社工場の拡張投資や新棟の建設投資、3先端DRAMの研究開発投資等の設備投資に充てる予定としている。

エルピーダメモリのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社