logo

ポートシティコロンボ、南アジアの玄関口に

ポートシティコロンボ 2021年06月11日 16時47分
From 共同通信PRワイヤー

AsiaNet 89774


ビジネス促進ための経済特区設立法案が議会で可決される

スリランカ、コロンボ、2021年5月27日 /PRNewswire/ -- スリランカのコロンボビジネス地区の中心部にある269ヘクタールの新たな埋め立て地が、スリランカ議会によって経済特区(SEZ)に認定され、ポートシティコロンボと呼ばれる南アジアの国際ビジネスおよびマルチサービスのハブの創設への道が開かれました。コロンボ港湾都市経済委員会法案は、安定した政策環境と効率的な行政プロセスの枠組みを設定します。この法案は、単一の窓口による円滑な対応、合理化された仲裁メカニズム、世界的にベンチマークされたインセンティブを通じて、ビジネスを行う際の利便性を大幅に向上させます。

「南アジアの玄関口」として計画されたこのプロジェクトは、スリランカ政府とプロジェクト会社であるCHEC Port City Colomboによる官民パートナーシップです。ポートシティコロンボは、世界で18番目に接続の良い港としてランク付けされているコロンボ港に隣接しており、商業、住宅、店舗スペースの良好なバランスを保つように設計されています。

最初の垂直開発であるコロンボ国際金融センターフェーズ1は、2021年6月に着工する予定で、国際的なグリーンビルディング基準を遵守した最先端のビジネスインフラで構成されています。すべての登録企業は、100%の外国人所有権を持ち、地区内の緩和された為替管理規制の恩恵を受けることができます。

Port City Colomboのセールス&マーケティングディレクターであるヤムナ・ジャヤラトゥン氏(Yamuna Jayaratne)は、「ポートシティは、シンガポールやドバイなどの地域的なハブと比較して、80%近いコスト優位性を享受することができます。コロンボ港湾都市経済委員会法案の制定は、ビジネスを促進し、地域のハブと同等のレベルにまで引き上げることを目的としており、最も重要なことは、現在FDIを躊躇させている投資家の悩みを解決することです。コスト面での優位性、地理的な位置、スリランカの生活の質などと相まって、投資家に魅力的な価値を提案するための第一歩となるでしょう。ポートシティコロンボは、世界クラスの近代的な大都市に対抗するために必要な、物理的環境に恵まれています。

CHEC Colombo Port Cityでは、世界中の投資家が早期に投資を行い、南アジアの未来都市への足掛かりを得ることを目指しています。詳しい情報は、こちらからご確認ください:
リンク

詳細については、以下にお問い合わせください:
ヤムナ・ジャヤラトゥン(Yamuna Jayaratne)
電話番号+94-112-335-141
EメールID:yamunaj@chec.lk mailto:yamunaj@chec.lk

写真:リンク

ソース:Port City Colombo

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]