logo

【東芝】新型軽自動車「日産ルークス」への二次電池SCiBTMの採用について

株式会社 東芝 2020年03月23日 13時23分
From Digital PR Platform


 当社が開発したリチウムイオン二次電池「SCiBTM」が、日産自動車株式会社(以下、日産)の新型軽自動車「ルークス/ルークス ハイウェイスター」の全グレードに搭載のスマートシンプルハイブリッドのバッテリーとして採用されました。当社は、マレリ株式会社の回生蓄電池システムを通じて製品供給を行います。

 新型ルークス/ルークス ハイウェイスターのスマートシンプルハイブリッドは、減速時の運動エネルギーで発電した電気をSCiBTMに充電し、蓄えた電気で電動モーターを回転させエンジンの補助駆動力に使用したり、アイドリングストップなどに再利用してガソリンを節約するマイルドハイブリッド機構です。

 SCiBTMは負極にチタン酸リチウムを採用することにより、急速充電性能と長寿命性能を有し、急峻なエネルギーの入出力が必要なアイドリングストップシステムやマイルドハイブリッドシステムに最適なバッテリーです。これらの特性が評価され、昨年発売の「デイズ/デイズハイウェイスター」に続いての採用となりました。

 東芝グループは、全社変革計画「東芝Nextプラン」において、SCiBTM事業を新規成長事業として位置付けており、今後もSCiBTMの特性を生かし、電池事業を強化してまいります。

    リンク       リンク      リンク
ルークス ハイウェイスターGターボ      ルークスX         SCiBTM 10Ahセル
 プロパイロットエディション

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]