logo

クライアント運用管理ソフト「SKYSEA Client View」、次世代アンチウイルス「Carbon Black CB Defense」連携のお知らせ

サイバネットシステム 2019年04月02日 16時40分
From PR TIMES

新型マルウェアにも対応!内部からの情報漏えい対策と次世代型のエンドポイントセキュリティの連携により、社内外のIT脅威から企業を守ります。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役:安江 令子、以下「サイバネット」)は、Sky株式会社(本社:大阪府、代表取締役:大浦 淳司 氏、以下「Sky社」)が開発・販売するクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」(「スカイシークライアントビュー」、以下「SKYSEA」)と、カーボン・ブラック・ジャパン株式会社(本社:東京都、執行役社長:西村 雅博 氏、以下「カーボン・ブラック社」)が開発・提供する次世代アンチウイルス「Carbon Black CB Defense」(「カーボンブラックシービーディフェンス」、以下「CB Defense」)を当社の技術協力により連携させ、企業内外の情報セキュリティ脅威からエンドポイントを効果的に保護可能にしたことをお知らせします。



【情報セキュリティ事故の背景】
特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)によると、2017年に発生した個人情報漏えいインシデントの想定損害賠償金額の合計は約1,914億円とされています。また同年の個人情報漏えいインシデントの被害規模の上位10件のうち7件が不正アクセス、3件が管理ミスならびに紛失・置き忘れでした※1。この結果より、企業は内部からの情報漏えい対策と同時に、外部脅威からの対策も行う必要があると言えます。
サイバネットはこのような背景を受け、導入実績13,000社・団体以上を誇る「SKYSEA」と、ファイルレスマルウェアに代表される、新しい脅威に対抗可能な「CB Defense」の連携により、内部からの情報漏えい対策と最新のエンドポイント脅威対策を実現しました。

=======================
SKYSEA・CB Defense連携ソリューションの概要
=======================
システム管理者・セキュリティ担当者は、SKYSEAとCB Defenseを連携させることで、SKYSEAサーバー管理下のエンドポイント(PC)に対して、CB Defenseの脅威検知情報をもとにネットワーク検疫を実施します。これにより、万が一マルウェアが社内ネットワークに侵入した場合も、他のエンドポイントやサーバーへの感染を防止することができます。

[画像: リンク ]


■クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」とは
「使いやすい」をコンセプトに、ログ管理、セキュリティ管理、デバイス管理といった『情報漏えい対策』に必要な各種機能を搭載したソフトウェアです。クライアントPC だけではなく、オフィスのネットワークに接続されたIT 機器の一元管理を行うことができ、組織におけるサイバー攻撃へのリスク対策や、過重労働対策として労働時間を見える化します。詳細は下記Web サイトをご覧ください。
リンク

■次世代アンチウイルス「Carbon Black CB Defense」とは
あらゆるサイバー攻撃からコンピュータを保護する次世代型アンチウイルスソリューションです。マルウェア攻撃だけでなく、メモリやPowerShellのようなスクリプト言語を悪用する非マルウェア(ファイルレス)攻撃の両方をブロックします。詳細は下記Web サイトをご覧ください。
リンク

=======================
開発元各企業からのコメント
=======================
■Sky株式会社 代表取締役 大浦 淳司 氏のコメント
Sky社は、サイバネットシステム社が販売するカーボン・ブラック社の「Carbon Black CB Defense」と、弊社のクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」を連携させ、エンドポイントの脅威対策を強化するソリューションをリリースされることを心より歓迎いたします。
本ソリューションを活用することで、お客様が組織の内部および外部からの脅威に対して効果的な情報セキュリティ対策を実施していただけることを期待しています。

■カーボン・ブラック・ジャパン株式会社 執行役社長 西村 雅博 氏のコメント
情報漏えい対策とIT資産運用の効率化を支援する「SKYSEA Client View」と弊社PSC(Predictive Security Cloud)ラインナップ製品CB Defenseとの連携をサイバネットシステム社の支援により実現できましたことに大変感謝いたします。
弊社のビジョンであります「A World Safe From Cyber-Attacks」を両製品の連携により、より強固に実現できると確信しております。今後、更なる連携強化を推進し、日本のお客様をサイバー攻撃からお護りする所存です。

=======================
発売記念!連携ソリューション特別価格キャンペーン
=======================
本連携ソリューションの発売を記念して、SKYSEAをご利用中あるいは新規購入をお考えの方に、CB Defenseを特別価格でご提供いたします。

■特  典: 次世代アンチウイルス「Carbon Black CB Defense」を18%OFFにてご提供
■対象者: SKYSEA Client Viewを利用もしくは新規購入されるお客様
■期 間 : 2019年9月20日弊社受注分まで
■備 考 : 導入事例の公開にご協力いただける場合、更に優待価格でご提供可能です。詳細はお問い合わせください。

【キャンペーンに関するお問い合わせ】
サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 営業部
TEL:03-5297-3487 E-MAIL:itdsales@cybernet.co.jp
詳細ページ:リンク

----------------------------------------------------------
【注釈】
※1:特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会発表『2017年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】』
リンク
----------------------------------------------------------

Sky社について
Sky株式会社は、業務系ビジネスシステム開発をはじめ、自動車やデジタル複合機などの製品に組み込まれるソフトウェアの開発や検証業務に携わっています。また、自治体や民間企業向けの情報漏えい対策ソフトウェア、医療機関向けのIT機器管理ソフトウェアや、文教市場向けのICT活用教育支援ソフトウェアなど、パッケージソフトウェアの企画・開発・サポート・ICT環境整備などを行っており、幅広い分野でソフトウェア技術を提供しています。Sky株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

カーボン・ブラック社について
カーボン・ブラック(NASDAQ: CBLK)は、クラウドベースの次世代エンドポイントセキュリティのリーディングプロバイダーです。ビッグデータを分析するクラウドプラットフォーム「CB Predictive Security Cloud」は、予防、検知、対応、脅威ハンティング、マネージドサービスが単一のエージェントとコンソールで一元管理できるので、様々なセキュリティ製品を統合して、より優れた防御が可能です。カーボン・ブラックは、サイバーセキュリティのイノベーターとして、高度な脅威に対する防御を可能にするアプリケーション制御、EDR(エンドポイントにおける検出・対応)、次世代アンチウイルス(NGAV)といった様々なエンドポイントセキュリティ領域を切り開いてきました。フォーチュン100のうちの30以上の企業をはじめ、世界で4,600社以上の企業がカーボン・ブラックを採用しています。カーボン・ブラック(本社:米国マサチューセッツ州ウォルサム)は、アプリケーション制御に定評があった2002年創立のBit9社がEDRのCarbon Black社と2014年に合併(2016年2月に現社名に変更)。日本法人のカーボン・ブラック・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区)は2016年10月に設立、2017年2月に営業開始しました。カーボン・ブラック社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

サイバネットについて
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏えい・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。

---------------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ先:サイバネットシステム株式会社
---------------------------------------------------------------
■ 内容について
ITソリューション事業本部 事業企画部/三浦
TEL:03-5297-3487 E-MAIL: itdsales@cybernet.co.jp

■ 報道の方は
コーポレートマーケティング部/新留
TEL:03-5297-3094 E-MAIL: prdreq@cybernet.co.jp

■投資家の方は
経営企画・IR部/目黒
TEL:03-5297-3066 E-MAIL: irquery@cybernet.co.jp
----------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]