logo

『Blockchain Security BootCamp』8月25日(土),26日(日)に第1回を開催 ~約40名がブロックチェーン技術におけるセキュリティの最先端の講義を受講~

ブロックチェーンの導入・発展に欠かせない「セキュリティ」の知識と技術を習得し、キャリアアップを図る週末型短期集中講座/第2回〔9月29日(土)、30日(日)〕参加者を募集中

38万団体、670万人※が利用するグループコミュニケーション支援サービス「らくらく連絡網」の運営とアドテクノロジーサービス「pinpoint」を提供する株式会社イオレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 直人)は、ブロックチェーンの“セキュリティ”に特化した週末型短期集中講座『Blockchain Security BootCamp(ブロックチェーン・セキュリティ・ブートキャンプ)』の初回を8月25日(土)、26日(日)に、FINOLAB(フィノラボ)〔東京都千代田区大手町〕で開催いたしました。
※ 2018年6月30日現在。1万人以下を四捨五入して表示しています。



[画像1: リンク ]

今回、週末の開催にも関わらず、約40名の方々にご参加いただきました。ITコンサルタントやソフトウェアエンジニア、プロジェクトマネージャー、企画職の方など、参加者の方々の属性は様々で、ブロックチェーンのセキュリティを学ぶ機会を様々な分野の方々が求めていることがわかりました。

講師を務めた杉井 靖典氏(カレンシーポート株式会社CEO)は、「ブロックチェーンの安全対策に求められる多層防御」や「異種ブロックチェーン間の相互運用」、「ブロックチェーンのトレーサビリティ技術」など技術面に特化した内容のほか、「組織内でのセキュリティ情報共有方法」や「インシデント対応マニュアルの作成」など、技術以外の側面からも解説しました。また、一方的な講義ではなく、参加者との対話やクイズの出題、質疑応答などを適宜交え、参加者の方々の理解促進に努めました。2日目の最後には、習熟度を測るテストを実施し、合格者には認定証が授与されました。第1回の認定率は70.6%となり、満点獲得者は9名でした。

最後に主催者のイオレ社長・吉田 直人から、「参加された皆様の中にも、ブロックチェーンを活用した先進的なサービスを開発しようとしている方がいらっしゃると思います。私たちはセミナーでそのような方々を支援すると共に、開発したサービスを広めるお手伝いもできればと思っております」と挨拶し、第1回『Blockchain Security BootCamp』は終了しました。

参加者の方々からは、「ブロックチェーンのセキュリティ構築などに関する情報が、まだ世の中に少ないと感じていた中、今回のセミナーは非常に貴重な内容だった」という感想や、「取引所の運用やアプリケーションの構築方法など、実践的な説明が豊富で大変参考になった」という声など、ご好評をいただきました。
[画像2: リンク ]


<第1回『Blockchain Security BootCamp』開催概要>
【開催日時】 1日目:2018年8月25日(土)10時~18時、8月26日(日)10時~14時
【会場】FINOLAB(フィノラボ) 〔東京都千代田区大手町〕
【講師】杉井 靖典 (カレンシーポート株式会社 代表取締役 CEO) 
【参加者数】37名


■ 第2回〔9月29日(土)、30日(日)〕参加者を募集中!
9月29日(土)、30日(日)に第2回『Blockchain Security BootCamp』の開催が決定し、現在お申込みを受け付けております。下記URLからお申込みサイトにリンクしております。詳細は下記をご参照ください。
申込みサイトURL リンク


― 『Blockchain Security BootCamp』とは ー
ブロックチェーン技術の発展には同技術のセキュリティについて学ぶ場が必要と考え、キャリアアップを図る取り組みとして、同技術のエキスパートであるカレンシーポート株式会社 代表取締役CEO 杉井 靖典氏を講師に迎えて開催する、ブロックチェーンの“セキュリティ”に特化した週末型短期集中講座です。

<企画の背景>
「仮想通貨の基盤技術」としての認識の強いブロックチェーン(分散型台帳)技術ですが、改竄に対する強さを有していることから、仮想通貨だけでなく、台帳情報の共有によるデータ管理や個人間での決済など、現在も数多くの企業が研究・開発を進めており、将来的に様々な産業での活用が想定されています。
当社が運営する「らくらく連絡網」でも、利用団体内での決済や、飲み会などのイベントや練習会場の確保で店舗や施設を利用する際の「スマートコントラクト(契約の自動実行化)」の活用など、ブロックチェーン技術を用いた新たなサービスについての研究を進めております。
研究・開発が進む一方、改ざんに強いと言われているブロックチェーン技術においても、導入・発展のためには、同技術に対する「セキュリティ」のノウハウを持った人材の育成が必要不可欠であると考えられます。

<特徴>
1.週末の2日間で集中して学べる短期開催
本業で活躍されており、平日の夜に外部のセミナーに参加できない方のために、土日に集中して開催いたします。1日目(土曜日)は、10時から18時(昼食、休憩時間、ガイダンス含む)まで受講。2日目(日曜日)には学習内容を確認するテストを実施し、規定の点数に達した方にのみ認定証を授与いたします。

2.一流の講師から最先端を学べる
講師には、技術と知識を兼ね備えた一流の講師をアサインしております。第1回、第2回は、カレンシーポート 代表取締役CEOで、ブロックチェーンのエキスパートである杉井 靖典氏を講師に迎え、最新のブロックチェーン・セキュリティ事情や技術、知識について、余すところなく講義していただきます。

3.卒業証書を授与した方に対するキャリア相談も実施
一流講師からの認定を受けた方で、ご希望の方には、今後のキャリアに関するご相談にもご対応させていただきます。当プログラムで得たスキルを伴ったキャリアプランをご提案いたします。


〔第2回 『Blockchain Security BootCamp』 開催概要〕※参加申込受付中
■開催日時:
1日目・・・2018年9月29日(土)10時~18時 〔受付開始 9時45分~〕
2日目・・・2018年9月30日(日)10時~14時 〔受付開始 9時45分~〕

■会場: FINOLAB(フィノラボ)〔〒108-0074 東京都千代田区大手町一丁目6番1号 大手町ビル4階〕
<アクセス> 東京メトロ丸ノ内線、千代田線、半蔵門線、東西線、都営三田線「大手町駅」直結
※申込み人数により変更の可能性がございます。

■カリキュラムの内容:
ブロックチェーンの存在理由/ブロックチェーンを構成する基礎技術/
ブロックチェーンの社会実装に際する課題/事件・事故から学ぶブロックチェーンの潜在リスク/
トランザクション署名と安全な鍵管理のノウハウ/トレーサビリティ技術とウォレット脅威度検知 など
※内容は8月開催の第1回と同様です。詳細は、下記特設サイトをご参照ください。

〔講師〕杉井 靖典 氏 (カレンシーポート株式会社 代表取締役 CEO)
商用インターネット黎明期より、Web・IT分野の幅広い事業に携わる。So-net、Usen、NTT-X、サイバード、ザッパラス等、在籍した企業では、プロデューサー・ディレクターとして、 インターネットメディア事業、デジタルコンテンツ事業、EC・流通プラットフォーム事業等の企画開発を手掛ける。その後、EC流通支援事業の会社、デジタルコンテンツ流通事業の会社など、複数の起業を経験し、2015年10月にカレンシーポートを設立。一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)副代表理事。一般社団法人日本ブロックチェーン協会理事。

■募集人数: 約50名(予定) ※人数に限りがあるため、先着順とさせていただきます。

■参加対象:
・ご自身の次のキャリアとして、「ブロックチェーンの活用」を考えている方
・将来、仮想通貨の取引所で働きたい方
・ブロックチェーンでコアな研究・開発をしたい方
・ブロックチェーンならではの一歩踏み込んだ企画を実現したい方  など

■申し込み: リンク

■参加費: 27,000円(税込)〔25,000円(税別)〕

■主催: 株式会社イオレ、カレンシーポート株式会社

■協力: 株式会社フォトメ

■WEBサイト:
[特設サイト] リンク
[Facebookページ] リンク


<会社概要>
【株式会社イオレ】
■本社所在地:〒108-0074 東京都港区高輪3-5-23 KDX高輪台ビル9階
■代表者:代表取締役社長  吉田 直人(ヨシダ・ナオヒト)
■設立:2001年4月25日
■資本金:7億3,334万円 ※2018年7月31日現在
■従業員数:84名 ※2018年4月1日現在
■上場市場:東京証券取引所マザーズ市場(証券コード:2334)
■事業内容:
•PC・スマートフォン向け各種サービスの運営(「らくらく連絡網」「ガクバアルバイト」「らくらくアルバイト」)
•インターネット広告事業
•アドテクノロジー商品「pinpoint」の開発・提供
•セールスプロモーション事業
■WEBサイト:リンク

【カレンシーポート株式会社】
■本社所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビルヂング4階
■代表者:代表取締役CEO 杉井 靖典 (スギイ・ヤスノリ)
■設立:2015年10月2日
■資本金:9,922万円(資本準備金含む) ※2017年9月現在
■従業員数:17名 ※2017年9月現在
■事業内容:
•電子財布システムの開発および応用サービスの提供
•資金決済・送金システムの開発および応用サービスの提供
•外国為替両替システムの開発および応用サービスの提供
•自動売買アルゴリズムの研究開発および応用サービスの提供
•分散合意形成アルゴリズムの研究開発および応用サービスの提供
•越境商取引システムの開発および応用サービスの提供
•店舗向け販促・販売システムの開発および応用サービスの提供
•前各号に附帯関連する一切の事業
■WEBサイト:リンク

【株式会社フォトメ】
■本社所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-6 プラザF1ビル301
■代表者:代表取締役  佐々木 淳 (ササキ・ジュン)
■設立:2010年4月14日
■資本金:1,000万円 ※2018年6月4日現在
■従業員数:40名(アルバイト、契約社員など含む) ※2018年6月4日現在
■事業内容:
•SES事業
•HR事業
•受託開発事業
•自社サービス事業
■WEBサイト:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]