logo

「ブルックナー&マーラー」を特集 モーストリー・クラシック6月号 4月20日発売

産経新聞社 2018年04月20日 11時01分 [ 産経新聞社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

産経新聞社が発行する月刊音楽雑誌「モーストリー・クラシック」(リンク)の6月号が、4月20日に発売されました。今号の特集は「交響曲作曲家の系譜 ブルックナー&マーラー」。2人の作品の解説と名盤を紹介するほか、「朝比奈隆とブルックナー」「アルマ・マーラー」「バーンスタインとマーラー」などを取り上げています。



[画像: リンク ]

ブルックナーとマーラーは、後期ロマン派を代表する作曲家で、彼らの作品は、オーケストラの主要なレパートリーとなっています。ブルックナーは1824年にオーストリア・リンツ郊外で生まれ、96年に亡くなりましたが、交響曲第9番の4楽章を、亡くなる当日まで作曲していました。一方、マーラーは1860年にボヘミア・カリシュトで生まれ、1911年、交響曲第10番の作曲途中で亡くなりました。

ブルックナーの交響曲は、複数の「稿」があるものが多くあります。その生涯は、改訂の連続でした。たとえば交響曲第2番は、1872年に初稿が完成し、翌年ウィーン・フィルで初演されたのは1873年稿です。そして、再演に向けて改訂された1877年稿があり、1892年には初稿の出版に際し、細部を改訂しました。「異稿、異版が多いのは、自らの作品に対して真摯かつ真剣に対峙し続けた作曲家だった、ということを示している」と中村孝義・大阪音大名誉教授は話します。

マーラーは生前、作曲家としてより指揮者として著名でした。ユダヤ人でありながらウィーン宮廷歌劇場総監督に上り詰めました。作曲は指揮活動がない夏休みに集中的に行いました。ドイツ文学者の許光俊氏は「彼は、誰かに強いられたり、注文されたりしたわけでもなく、自分が書きたいような曲を書いた」と評しています。

発行:産経新聞社
発売:日本工業新聞社
定価:1030円(税込み)
問い合わせ:モーストリー・クラシック編集部 電話03-3243-8503

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]