logo

香港のToken News HK Limited社とICOに関する業務提携

ICOを実施したい企業向けのToken News HK Limited社との総合窓口ならびにICOの情報提供を実施

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」(https://okwave.jp)を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、ICO※1ならびに仮想通貨(暗号通貨)に関する情報発信やコンサルテーションを行う香港のToken News HK Limited社(本社:香港、代表取締役社長:杉浦有哉)と、ICO普及に関する業務提携を締結しました。

ICOは世界には400以上の市場があると言われ、すでに3,000以上のトークン※2が発行されています。日本国内では当社が出資するテックビューロ株式会社(本社: 大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生)がICOソリューション「COMSA」を発表し、大きな関心を集めています。また、当社代表の兼元は同社がICOの健全な発展を目的としたICO協議会の委員としても参加しています。
一方で、ICOに関する不正取引や詐欺行為などの摘発により、中国や韓国では規制が強化され始めています。このようなICOを取り巻く世界の情勢や正しい知識を日本国内に普及させることと、日本からのICOへの参加や実施を促進することを目的として、当社は香港のToken News HK Limited社と業務提携しました。

提携事業として、下記を推進していきます。

1. ICOに関する情報サイト「OKWAVE ICO NEWS」の開設
当社が運営するQ&Aサイト「OKWAVE」内にICOに関する情報サイト「OKWAVE ICO NEWS」を開設します。Token News HK Limited社が発信するICOや暗号通貨に関する最新トレンドや分析レポートを掲載する他、当社でも独自のICOに関する考察や分析レポートを発信していきます。

・サービス名称: OKWAVE ICO NEWS(オウケイウェイヴ・アイシィオゥ・ニュース )
・サイト開設: 10月6日(金)
・URL: リンク

2. ICOを実施したい日本企業向け総合窓口の開設
日本ではICOはまだ始まったばかりであり、システムインフラや法律も整備が進められている段階です。一方、世界ではすでに様々なICO市場が存在しています。当社はToken News HK Limited社の委託先としてICOへの参加や自ら実施したい先進的な日本企業の総合窓口を開設します。窓口の開設は10月17日(火)を予定しています。

「OKWAVE ICO NEWS」では、今後、Token News HK Limited社の提供するICOに関する評価レポート、海外におけるICOのコンサルティングメニューなどについても紹介していく予定です。

なお、本年9月23日に当社取締役に就任した松田元は本提携事業について下記のように述べています。

■オウケイウェイヴ取締役 松田元のコメント
「ICO、ビットコイン、外貨送金、金融機関における顧客管理など、様々な用途、様々なシーンで、ブロックチェーンという言葉を耳にすることが多くなりました。ブロックチェーンは、書き換えのできない台帳管理技術をもとに、個々が自由につながれる社会の構築を実現します。これは、突き詰めれば個に権利を取り戻す、究極の民主主義をかなえる技術です。宗教、出自、文化、思想といった、イデオロギーの追求が幾多の犠牲をもたらした20世紀を経て、われわれが生きる21世紀は、ブロックチェーンという新たな技術と邂逅することができました。これを単なる偶然ととらえるか、あるいは大いなる意思に基づく運命ととらえるか。ブロックチェーンをどう使うかで、人類の未来は大きく変わるのです。何が正しくて、何が誤っているのか。何が善くて、何が悪いのか。善悪や正誤を判断するのは、本来、個々の価値観によります。個々がつながることで、誤解、差別、不平等といった組織バイアスの弊害をなくし、物心ともに豊かな社会が実現します。
ブロックチェーン。この技術を正しく使うことができれば、自由、平和、公正さ、といった、人類にとってかけがえのない価値観を、我々の手に取り戻すことができます。そしてICOは、そうした人類の挑戦を端的に表す軌跡であり、われわれの未来を占う重要な試金石です。
このたびリリースするトークンニュース「OKWAVE ICO NEWS」においては、世界各国、最先端のICOに関するニュースを展開する予定です。人間の有する善意を信じ抜き、対話を軸に相互互助を理念に掲げるQ&Aサービスを提供してきた当社の価値観をもとに、人類社会に本当に貢献しうる、厳選したICOのニュースを展開して参ります。良き意思が、良き技術を広め、良き形で社会が発展していく。そんなフローを構築すべく、全力で当事業に邁進して参る所存です。是非ご期待ください。」

■Token News HK Limited社 代表取締役社長 杉浦有哉のコメント
「我々は、ブロックチェーンプロジェクトの分析を行い、魅力あるプロジェクトの発展に貢献します。
ブロックチェーン専門のリサーチチームにより(又は、直接プロジェクトにコンタクトを取り)、プロジェクトに関する様々な情報を蓄積し続けます。この情報を基に、それぞれのプロジェクトを比較・分析を行い、顧客に対し付加価値の高い情報を配信することにより、企業としての信用をつけていきます。
ブロックチェーンは、新たな信用の形を世の中に広め、様々な人たちが、その信用の形を利用し次々と新しいビジネスを生み出しています。この技術を使うことで今ない未来を創造することができると我々はそう確信しています。また、法整備がなされていない現在のブロックチェーンの業界では、既存の法規制に従いながら、ビジネスを展開していくことが重要です。それは、どんなに魅力のあるコンセプトを持ったプロジェクトでも、法規制に則っていないプロジェクトが、その業界のスタンダードになることはできないからです。ブロックチェーンの技術は、既存のビジネスを塗り替え、新しいビジネスを創造するという世界を変える力があります。」

■Token News HK Limited社について
リンク
会社名: Token News HK Limited
本社: Unit 3309, 33/F, The Center, 99 Queen’s Road Central, Hong Kong
設立: 2017年5月
代表取締役社長: 杉浦有哉

■株式会社オウケイウェイヴについて
リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」(リンク)を2000年1月より運営しています。また、利用者の質問に専門家や企業が回答する「OKWAVE Professional」(リンク)なども提供しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基に、国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support」、Q&Aコミュニティーの解決力を活用する顧客参加型サポートコミュニティツール「OKBIZ. for Community Support」などを大手企業、自治体など400サイト以上に導入しています。 2006年6月に株式上場(証券コード:3808)。楽天株式会社、米国マイクロソフトコーポレーションと業務・資本提携を締結しています。 今後は3,500万件以上のQ&Aビッグデータと、AI、ブロックチェーン、チャットの先端技術を組み合わせて、さらに問題解決に寄与するサービスを提供していきます。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※1 ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)とは仮想通貨の発行による資金調達手法です。世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICOによる資金調達総額が、ベンチャーキャピタルによる資金調達を大幅に上回りました。本年7月25日にはアメリカ合衆国証券取引委員会(SEC)が仮想通貨発行による資金調達プロジェクトの一つであるThe DAOが金融商品に該当しうると発表しました。これにより、今後、ICOの法的な位置づけも国際的にクリアになっていくことが予想されます。

※2 トークンとはそのICOプラットフォームの基軸通貨のような役割となる仮想通貨のこと。ICOとはトークン(独自の仮想通貨)を発行し、資金調達を行う行為を指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]