logo

フランスのバイオ関連企業が団体来日

二都市でBtoBイベントに参加

来る10月10日より、フランスのバイオテクノロジー企業および競争力拠点(産業クラスター)が団体来日し、まず大阪、続いてBio Japan 2017にて積極的な日仏のビジネス交流を図ります。
今回は、欧州最大のライフサイエンス分野の産業クラスターであるMEDICEN PARIS REGIONを筆頭に、EUROBIOMED、LYONBIOPOLEの3クラスターおよび12社が来日、日本でのビジネス拡大を目指し、以下のイベントにおいて、商談に臨みます。

来る10月10日より、フランスのバイオテクノロジー企業および競争力拠点(産業クラスター)が団体来日し、まず大阪、続いてBio Japan 2017にて積極的な日仏のビジネス交流を図ります。

フランスのバイオテクノロジー研究は、その71%が医薬品開発に向けられています。こうした医療向けバイオテクノロジー企業はフランス国内に約450社を数え、サノフィやピエールファーブルといった大手国際企業だけでなく、多くの中小企業、スタートアップ企業らで構成されています。世界第5位の医薬品輸出国であるフランスは、今後もこの重要な部門において、こうした多くの企業らの存在によって、ますます国際化が期待されています。

今回は、欧州最大のライフサイエンス分野の産業クラスターであるMEDICEN PARIS REGIONを筆頭に、EUROBIOMED、LYONBIOPOLEの3クラスターおよび12社が来日、日本でのビジネス拡大を目指し、以下のイベントにおいて、商談に臨みます。

欧州のライフサイエンス企業との商談会 in 大阪 2017
10月10日(火曜日)午前9時から午後4時まで(予定)
場所:グランフロント大阪 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター
リンク

Bio Japan 2017
10月11日から13日
場所:パシフィコ横浜 Bホール、B-60出展およびパートナリングプログラム参加
リンク

来日企業・団体は以下よりご覧いただけます。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

Biotech Fancaise

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]