logo

SnSnap、世界遺産で開催されるイベントへサービス初提供!京都市全面協力のもと⼆条城と平安神宮で開催された『和楽器サミット2017』にて#SnSnapと#MirrorSnapを提供

株式会社SnSnap(エスエヌスナップ) 2017年08月24日 14時00分
From PR TIMES

 集客やプロモーションに効果的なSNSフォトプリントサービス「#SnSnap」をはじめ、様々なSNSマーケティングサービスを提供する株式会社SnSnap(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:西垣 雄太、以下「SnSnap」)は、世界遺産である「二条城」と京都を守る四神を祀る「平安神宮」の二会場で2017年8月5日(土)・6日(日)に開催された『和楽器サミット2017』にて、SNSフォトプリントサービス「#SnSnap」とカメラサービス「#MirrorSnap」を提供いたしました。世界遺産で開催されるイベントへのサービス提供は初めてとなります。ブースでは和楽器を演奏できるなど日本の伝統芸能を体験することができ、その体験をSnSnapのサービスによりフォトカードや動画データとしてお持ち帰りいただきました。



[画像1: リンク ]


■日本の伝統文化体験を思い出としてプレゼント!!
『和楽器サミット2017』参加者(チケット保有者)以外の方々も利用可能な場所でのサービス提供となり、世界遺産である⼆条城を訪れる多くの外国人観光客の方々にもご体験いただきました。オリジナルフレーム付きの動画を撮影できるカメラサービス「#MirrorSnap」は、動画撮影後にメールにて動画データを利用者へ送信。その場の体験を思い出として持ち帰ることができます。専用アプリのダウンロードや面倒な登録作業が不要のため、旅行中でインターネットを利用できない外国人観光客もインターネット接続の際にデータを受信できるため、多くの方々ににご利用いただきました。
[画像2: リンク ]


SnSnapは、より多くの方々にサービスをご利用いただけるよう誰でも簡単に操作ができ、全国各地で常設可能なモデルの開発を進めております。インバウンド施策や地方創生に向けた集客施策としてもご利用いただけるよう、今までのモデルとは異なり、写真多用した説明動画や効果音などを付け加えるなどUIUXデザインの改善および機能拡充に注力いたします。

■「#SnSnap(エスエヌスナップ)」とは?
SNS に投稿した写真をフォトカードとして出力できるサービスです。店舗への来店者やイベントの来場者が撮影した写真を指定の#(ハッシュタグ)をつけてSNSへ投稿すると、設置された専用機械からオリジナルデザインのカードやステッカーにプリントアウトされ、記念品としてお持ち帰りいただけます。

■「#MirrorSnap(ミラースナップ)」とは?
オリジナルのフレームやスタンプ、アニメーションのついた画像または、動画を撮影することができるカメラサービスです。撮影したデータはリアルタイムで受け取ることができるため、利用者はSNSへの投稿もスムーズに行うことができます。

<参考>
・『和楽器サミット2017』公式サイト→ リンク

【株式会社SnSnap】
SnSnapは、人々の大切な瞬間をより特別で輝くものにしたいと考えています。今後も、クリエイティブな世界をリードする人材とテクノロジーを組み合せ、革新的なサービスを提供していきます。

所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビル 303号
代表者:代表取締役 CEO 西垣雄太
業務内容:O2Oマーケティングサービス、デジタルサイネージ、広告事業、サイト開発
オフィシャルサイト:リンク
お問い合わせ先:pr@snsnap.co.jp
担当者:堀

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]