logo

パナソニックノースアメリカとインテルのCEOがLAオートショーのオートモビリティーLAで基調講演

ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show(R)) 2017年08月04日 10時29分
From 共同通信PRワイヤー

パナソニックノースアメリカとインテルのCEOがLAオートショーのオートモビリティーLAで基調講演

AsiaNet 69535 (1160)

【ロサンゼルス2017年8月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界のテクノロジーおよび輸送業界のリーダーがロサンゼルスを訪れ、11月の自動車テクノロジー展示会で将来のモビリティーについて話し合う

新しい輸送セクター向けの初の展示会であるオートモビリティーLA(AutoMobility LA)(TM)(リンク )は3日、インテルのブライアン・クルザニッチ最高経営責任者(CEO)、パナソニックノースアメリカのトム・ゲッパートCEOが11月27日から30日まで開催される2017年のイベントで基調講演すると発表した。今年のショーに関する発表は多数あるが、新しい自動車技術分野の新生リーダーであるクルザニッチ氏とゲッパート氏の追加参加の発表はその皮切りとなる。

Logo - リンク

世界最大のテクノロジー企業のリーダーであり、インテリジェント・モビリティー戦略の影響に関する常連コメンテーターでもあるクルザニッチ氏は、インテルの重点を自動車産業に転換した。インテルはこのほど、自動運転車両を開発するためにBMWと提携するとともに、ビジョンベースの衝突回避システム開発企業Mobileyeを買収する意向を発表した。クルザニッチ氏は基調講演者として2016年オートモビリティーLAに参加しており、今年は自動車技術産業の将来について魅力的な洞察を提供する予定。

インテルのブライアン・クルザニッチCEOは「次世代のコネクテッドカーとモビリティー戦略に関するデータ需要は、アイデアを交換し協力している自動車およびテクノロジー業界リーダーに依存している。オートモビリティーLAは、協力して将来の輸送に対処するフォーラムを提供し、われわれにとって最も急を要し、かつ最も有望な機会の1つとなる」と語った。

同様に、ゲッパート氏は、消費家電製品から次世代モビリティーの自動車システム設計ソリューションまでのパナソニックの要となる役割を担っている。車両インテリア設計における何年もの専門知識を生かし、同社は最近コネクテッドカー・プラットフォームを発表し、クライスラー・ポータルコンセプトでフィアット・クライスラー・オートモービルズと提携した。これは将来の顧客ニーズへの対応を中心にとらえた独自のスマートUX機能を特徴としており、その意味でゲッパート氏が今年のショーに参加することは、ショーの出席者にとってタイムリーであり魅力的なものになる。パナソニックがオートモビリティーLAに参加するのは今回が初めてとなる。

LAオートショー(LA Auto Show)およびオートモビリティーLAのリサ・カッツ社長兼CEOは「自動車とテクノロジーの両業界の融合は止めることができない。ブライアン・クルザニッチ氏とトム・ゲッパート氏のような専門家が将来の輸送に関するわれわれの大きな討議に参加してくれることを光栄に思う。われわれは輸送の進歩を展示するコミットメントの拡大に努めており、今年のショーでの対話が変革に富んだものになることを期待している」と語った。

これまでプレス&トレード・デー(Press & Trade Days)とコネクテッドカー・エキスポ(Connected Car Expo)として知られてきたオートモビリティーLAは、多数のハイレベルなプレゼンテーションと大手自動車メーカーおよびテクノロジー企業のデビュー製品を展示し、これには、革新的な自動車デザイン、新製品、新興テクノロジーなどに関する講演も含まれている。ショーに参加予定の業界専門家は以下の通り。

*ヤン・カールソン(Jan Carlson)、オートリブ(Autoliv)会長兼社長兼CEO
*マット・カーペンター(Matt Carpenter)、GRIMM主任セキュリティー・リサーチャー
*ジェフリー・カー(Jeffrey Carr)、サイバーセキュリティー執筆者、リサーチャー、起業家、コンサルタント
*J・R・ヒルデブランド(J.R. Hildebrand)、米国のレースカー・ドライバー
*クリスチャン・ケーニグセグ(Christian Koenigsegg)、ケーニグセグ・オートモーティブ(Koenigsegg Automotive)創設者
*スコット・キューブリー(Scott Kubly)、シアトル交通局長
*テリー・オデイ(Terry O'Day)、EVGo 副社長(製品戦略・市場開発担当)
*アレックス・ロイ(Alex Roy)、The Drive総合監修者
*マハムード・サマラ(Mahmoud Samara)、Cadillac Canadaマネジングディレクター
*デアニー・シャピロ(Danny Shapiro)、NVIDIA自動車担当上級ディレクター
*ジャック・スチュワート(Jack Stewart)、WIREDシニアライター
*ラージ・スンダラム(Raj Sundaram)、Cox Automotive 執行副社長兼チーフ・クライアントサクセス・オフィサー
*ポリー・トロッテンバーグ(Polly Trottenberg)、ニューヨーク市交通局長官
*アンドレ・ワイマースカーチ(Andre Weimerschirch)、リアコーポレーション(Lear Corporation) 副社長(グローバル・セキュリティー担当)

オートモビリティーLAは今後も、多様なパネルに関するさまざまな追加情報と追加の基調講演者について発表する。

昨年のオートモビリティーLAイベントには、約2万5000人の企業幹部、起業家、ディスラプター、プログラマー、デザイナー、自動車メーカー、政府当局者が参加した。4日間のイベントでは、試乗会、世界的な車両発表、新興企業や既存企業のテクノロジーおよび自動車のあらゆる幹部による討議パネル、プレゼンテーションを含む数々の魅力あるプログラムが開催される。

モビリティーLAは11月27日から30日までLos Angeles Convention Centerで開催される。オートモビリティーLAに関する詳細な情報、およびショー参加登録はウェブサイトwww.AutoMobilityLA.com を参照。

▽ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show)およびオートモビリティーLA(AutoMobility LA)について
1907年創設のロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show、LA Auto Show(R))は、毎シーズン最初に開催される主要な北米自動車ショーである。2016年のLAオートショーのプレス&トレード・デーはコネクテッドカー・エキスポ(CCE)と統合されてオートモビリティーLA(AutoMobility LA(TM))になって登場した。オートモビリティーLAはテクノロジー業界と自動車業界を統合し、新製品と新技術を発表し、輸送とモビリティーの将来を取り巻く喫緊の問題を討議する業界初のトレードショーである。2017年のオートモビリティーLAは11月27日から30日までLos Angeles Convention Centerで開催され、併せてメーカーの新車も披露される。2017年のLAオートショーは12月1日から10日まで一般公開される。オートモビリティーLAは新興自動車企業がビジネスを行い、画期的な製品を公開し、世界中から集まるメディアの前で戦略を発表する場でもある。LAオートショーはロサンゼルス大都市圏(Greater L.A.)New Car Dealer Associationの後援を得てANSA Productionsが運営する。最新のショー関連ニュースや情報はLAオートショーのTwitter(リンク )、Facebook(リンク )、またはInstagram(リンク )をフォローし、アラート(リンク )に登録を。オートモビリティーLAに関する詳しい情報はウェブサイトリンク を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Sanaz Marbley/Brian Alexander
JMPR Public Relations
+1 (818) 992-4353
smarbley@jmprpublicrelations.com
balexander@jmprpublicrelations.com

ソース:Los Angeles Auto Show

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事