logo

ガイロジック、BroadR-Reach用メディアコンバータ、ゲートウェイなど 9製品の国内販売を開始

ガイロジック株式会社 2017年07月24日 16時00分
From DreamNews

開発・テストツールを手がける独Technica Engineering社と販売代理店契約を締結

産業用ネットワークおよび計測機器の輸入販売を行うガイロジック株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表:垣内寛、以下ガイロジック)は、車載イーサネットの通信規格BroadR-Reach(ブローダー・リーチ)の先駆的企業であるTechnica Engineering GmbH(本社:ドイツ ミュンヘン、Founder & CEO:Joseba Rodriguez、読み:テクニカ エンジニアリング)と販売代理店契約を締結し、2017年7月24日より「BroadR-Reachメディア・ゲートウェイ」、「BroadR-Reach SPY mini」をはじめとする開発・テストツール計9製品の国内販売を開始することを発表します。


Technica Engineering社は2008年に設立された車載イーサネット関連機器の専業メーカーで、BroadR-Reachの黎明期からドイツでBMW社と共同でBroadR-Reachの評価・検証を行っています。そして、いずれも世界初となるBroadR-Reach - Ethernet コンバーターを製品化、BroadR-reachカメラ搭載車の開発を行ってきた実績を有します。また、Technica Engineering社はBMW、Audi、Renaultなどの欧州大手自動車メーカー数社との協業を行い、BroadR-Reachゲートウェイやデータ/モニタ用機器、解析ソフトウェアを開発し、全世界に販路を広げています。

車載技術は自動運転・運転補助、より確かな安全性、そしてインフォテイメントにこれまで以上の注目が集まり、より容量の大きい高信頼性のデータ転送とそれに伴うケーブル軽量化が必要とされる中、Technica Engineering社が提供するハードウェアやソフトウェアは、BroadR-Reachを用いた通信の上位プロトコルテストを行う場合に非常に有効なツールです。ガイロジックは日本の自動車産業関連のユーザーにこれらの有用な製品郡の販売・サポートを行っていきます。

【製品ラインアップ/価格(単価)、税別】
・  BroadR-Reach メディア・ゲートウェイ: 330,000円
・  BroadR-Reach SPY: 365,000円
・  BroadR-Reach SPY mini: 183,000円
・  BroadR-Reachメディア・コンバータ(Broadcom): 54,000円
・  BroadR-Reachメディア・コンバータ(NXP): 64,000円
・  BroadR-Reachメディア・コンバータ(EMC): 324,000円(1セット2個)
・  BroadR-Reachメディア・コンバータ(USB): 49,000円
・  BroadR-Reachメディア・コンバータ(1000BASE-T1): 193,000円
・ ANDi テスト/シミュレーションツール : 456,000円

各製品の画像は以下のURLより入手可能です。
リンク

【BroadR-Reach メディア・ゲートウェイ】
12ラインのBroadR-Reach、3ラインのギガビットイーサネット、1ラインのギガビット対応SFPポートを実装しており、BroadR-Reachのデータストリームをルーティング、ミラーリング、フォワーディングを行うことができ、同時にCAN x4、LIN x1、FlexRay x1のモニタも可能となっています。本体はWebサーバーを内蔵していますので、設定の変更や確認はWebブラウザで簡単に行えます。
リンク


・ BroadR-Reach x6、RJ45 x3、SFP x1
・ CAN x5、LIN x1、FlexRay x1(モニタのみ)
・ BroadR-Reachルーティング

【BroadR-Reachメディア・コンバータ(Broadcom)】
BroadR-Reach(100 Base-T1)とイーサネット(100 Base-TX)のコンバータです。Broadcom BCM89810トランシーバを搭載しています。他にNXP TJA1100トランシーバ搭載や、BroadR-Reachと光イーサネットのコンバータ、1000 Base-T1とギガビットイーサネットのコンバータなども用意しています。
リンク


【BroadR-Reach SPY / SPY mini】
BroadR-Reach SPY シリーズは車載ネットワークの検証や分析を行うためのデータロギング、モニタリングに最適な装置です。オリジナルネットワークに影響を与えることなく、BroadR-Reachのデータをギガビット イーサネット ポートで監視することができます。ログモードでは正確なタイムスタンプ(解像度0.04 us)を付加し、すべてのBroadR-Reachを同期して記録する事ができます。SPY miniにはフレーム ジェネレータモードが組み込まれており、既定データを用いて最大98Mbit/sのBroadR-Reachトラフィックを生成することができるので、通信ラインや機器の信頼性テストに応用できます。
リンク


・ BroadR-Reach x2, RJ45 x2
・ BroadR-Reach通信モニタ
・ BroadR-Reachトラフィック生成

Technica Engineering 製品の情報は以下のガイロジック社のサイトで入手できます。
リンク

【BroadR-Reach について】
BroadR-Reach(ブローダー・リーチ)は、この技術は米Broadcom社が車載用に開発したデータ転送技術で、非シールドの1組のツイストペアケーブルで双方向100Mbpsのデータ伝送を実現します。これから本格的な普及が始まる車載イーサネット技術の本命と言われており、標準化団体OPEN (One-Pair Ether-Net) Alliance SIG体が規格の策定や普及活動を行っています。リンク

【Technica Engineering GmbHについて】
Technica Engineering GmbHは2008年にドイツで設立された、車載イーサネット関連機器の専業メーカーで、BroadR-Reachの黎明期からドイツBMW社と共同でBroadR-Reach の評価・検証を行ってきました。BMW、Audi、Renault等で搭載されるBroadR-Reach機器やBroadR-Reachテスト システムを開発した優れた実績を持っています。BroadR-Reach用の監視ツールやゲートウェイ、インターフェース製品において圧倒的な技術力と高い信頼性で急成長しています。リンク

【ガイロジック株式会社について】
ガイロジック株式会社は2002年に設立され、コンピュータ開発・産業用ネットワーク・車載用ECU等の開発ツール、計測機器、データロガー等の輸入販売とサポートを行っています。
リンク

【本件に関する報道関係者・お客様からの問い合わせ先】
ガイロジック株式会社 担当:垣内、後藤
電話:0422-26-8211
メール:br@gailogic.co.jp





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事