logo

日本初!中国最大級のSNS「WeChat/微信」と連携した中国向け越境EC構築システムを提供開始

JC Connect株式会社 2017年07月13日 10時54分
From PR TIMES

WeChat/微信公式アカウント広告と併せて、中国越境ECへの参入を低コストで実現!「WeChat Pay」を利用した決済で、日本円での取引が可能!



 JC Connect株式会社(本社 東京都新宿区、代表取締役 城ヶ原 渉、以下JCC)は、中国インターネットサービス大手、テンセント(騰訊控股有限公司)が提供するインスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(ウィーチャット)/微信」のAPIを活用した越境ECシステム『ShopCN(ショップシーエヌ)』のサービス提供を7月18日(火)から開始いたします。


[画像1: リンク ]

公式HP:リンク

 中国人旅行客の“爆買い”で注目となったインバウンド需要。これを受け、一つのマーケットとして成長しているのが「越境EC」です。しかし、多くの日本企業が中国マーケットへのビジネス展開を狙うなか、中国大手ショッピングモールの審査の厳しさ、保証金と年間利用料が高額であるという弊害により、導入を見送って参りました。
 この度、JCCがスタートする『ShopCN(ショップシーエヌ)』は、月間9億3,800万ユーザー(2017年3月時点)が利用する「WeChat/微信」の公式アカウント上にAPIで連携、自社越境ECサイトを構築できる日本初のサービスです。これにより、中国人消費者向けに商品を販売したい日本企業は、低コストでECサイトを運営することが可能となり、「WeChat/微信」の機能の一つであるオンライン決済サービス「WeChat Pay」での支払いにより、中国人消費者がスムーズに買い物できるほか、日本企業は円建てでの決済ができ、中国での銀行口座を開設する必要もございません。
 また、システム開発および保守をパートナー会社(マーチャント・サポート株式会社)が、販売およびサポートに至ってはJCCが連携して運営することで、サービスのスピードアップ、自由なカスタマイズ、ライセンス費用などのコスト面においても抑えることが可能です。
テンセント広告オフィシャルパートナーであるFJ Solutions株式会社の子会社であるJCCは、昨年4月より「WeChat/微信」の企業用公式アカウントを活用した広告サービスや情報発信代行サービスを提供して参りました。
 この度、越境ECシステムの提供と広告サービスとを合わせた販促支援サービスを強化することで、中国市場でのブランディング、マーケティング、インバウンド・アウトバウンドにおける集客を狙う日本企業をより一層支援して参ります。


[画像2: リンク ]

■『ShopCN』でできること

・ 自社商品を「WeChat/微信」自社公式アカウント内で販売が可能。決済も「WeChat Pay」で円建てでの決済が可能。

・ 受注データはCSVデータにて抽出し、自社での販売管理が可能。

・ JCCが提供するテンセント公式広告から、より多くのユーザーを自社公式アカウント及び「ShopCN」の商品販売ページに流入することが可能。


■「WeChat/微信」と広告サービスが連動するメリット

1. ブランド、商品の認知度アップ
2. コアユーザー(リピーター)の確保
3. タイムリーな情報をダイレクトにユーザーへ
4. インバウンド・アウトバウンドでの店舗集客アップ
5. 自社EC・越境ECなどへの誘導(ホームページとしても活用可能)
6. 「WeChat Pay」での決済が可能
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



■まとめ

● 「WeChat/微信」と APIで連携した日本初の越境EC構築システム

● テンセントオフォシャルパートナーであるJCCの広告サービス「WeChat/微信」の利用が可能

● 「WeChat Pay」が利用できるため、日本企業は円建て決済が可能

● 公式アカウントに構築できる自社越境ECのため、低価格で導入可能


■「WeChat(ウィーチャット)/微信」とは

[画像5: リンク ]

 2011年1月にサービスを開始した「WeChat(ウィーチャット)/微信」は、中国インターネットサービス大手テンセントが運営するアプリで、月間アクティブユーザー数9億3,800万(2017年3月時点)に達しています。
 メッセンジャー機能とSNS機能の融合が特徴、友達同士のテキストチャットや音声チャットとして利用される他、友達に情報をシェアする「モーメンツ」機能では1日平均30億回もの投稿が行われており、情報共有の場としても活発な活動が繰り広げられています。その他にも「WeChat Pay*」などを活用して、近年日本国内でインバウンドプロモーションの重要メディアとして注目を集めているサービスです。

*「WeChat Pay」・・・中国で人気の電子決済サービスで、ユーザーが個人の銀行口座を「WeChat/微信」のアカウントに登録するだけで、簡単に利用できる新しい電子決済サービス。オンライン上の決済サービスだけでなく、オフラインでのショッピングにも利用可能。中国ではスマートフォンと「WeChat/微信」の普及により、モバイル端末を活用した電子決済が急速に浸透中で、98%の中国人が3ヵ月以内に電子決済サービスを利用したことがあると答えており、巨大マーケットを形成しています。

■JC Connect株式会社について
社名:JC Connect株式会社(ジェーシーコネクト)
代表取締役社長:城ヶ原 渉
住所:〒160-0022 新宿区新宿六丁目29番8号 福智ビル4F
設立:2016年6月17日
資本金:1億2,000万円(準備金含む)
主要株主:FJ Solutions株式会社、株式会社ビジョン〔9416〕
事業内容:WeChat/微信プロモーション事業、WeChat Pay導入支援事業、越境EC支援事業

■FJ Solutions株式会社について
中国版Twitter「微博(ウェイボー)」の公式アカウントを活用した広告サービスを提供
大手ナショナルブランドを中心に800社以上の導入実績を持つ
2016年4月にテンセント社と提携し、日本国内におけるテンセントソーシャルアドサービスを提供開始
同年6月に同サービス販売子会社JC Connect株式会社を設立

社名:FJ Solutions株式会社(エフジェイソリューションズ)
代表取締役社長:井上 勉
住所:〒160-0022 新宿区新宿六丁目29番8号 福智ビル4F
設立:2012年5月11日
資本金:17,050千円(準備金含む)
事業内容:微博(ウェイボー)プロモーション事業、インバウンド支援サービス事業

■マーチャント・サポート株式会社について
設立以来、クレジットカード会社のアクワイアリングエージェントとして、加盟店獲得と決済代行に従事
2016年6月よりテンセント社の提供する「WeChat Pay」日本公式パートナーとして活動を開始
2017年6月に銀聯控股有限公司の傘下に入り、今後サービスを拡充予定

社名:マーチャント・サポート株式会社
代表取締役社長:東山 正彦
住所:〒160-0023 新宿区西新宿六丁目12番1号 パークウエスト12F
設立:2005年4月
資本金:6,800万円
主要株主:銀聯商務国際控股有限公司(China UMS International Holdings Limited)
事業内容:加盟店募集代行業務、早期決済支払代行業務、決済システムの保守・運用業務

【プレスリリースに関してのご連絡先】
JC Connect株式会社:広報担当
TEL:03-5287-1850
受付時間:平日9:00~18:00

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。