logo

【LET IT DIE】 センパイ!「E3 2017」で発表された「頂上作戦」の最新情報を紹介します!

その他にも、最新情報が盛りだくさん!



ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社(以下、ガンホー)は、PlayStation(R)4専用サバイバルアクションゲーム『LET IT DIE(読み:レットイットダイ)』において、「頂上作戦」などの最新情報を、「E3 2017」の会場より生配信にて発表いたしました。
[画像1: リンク ]

“バルブの塔”に高難易度の上層階が追加される「頂上作戦」が2017年6月29日(木)より始動します。「頂上作戦」では、出撃時に持ち込めるアイテムの個数や、一度登りはじめたら基本的に特定のフロアに到達するまで待合室に戻る事はできないなどの制限があります。出現する敵も非常に強力で挑戦者の行く手を阻みます。様々な装備やアイテムを駆使し、“バルブの塔”の頂点(てっぺん)を目指しましょう。
リンク

ケタ違いに強いヤツがやってくる!「4 FORCEMEN」第二弾、「レッド・ナパーム」登場決定!

[画像2: リンク ]

「ホワイト・スティール」 に次ぐ「4 FORCEMEN」第二弾、「レッド・ナパーム」が登場予定です。見事に倒すことができたら「レッド・ナパーム」の装備設計図が手に入る可能性があります。「ホワイト・スティール」の装備と同様、凄まじい耐久度の予感です。果たしてどれほどの脅威となるのか。心して挑みましょう。

その他、「E3 2017」では、以下の内容を発表いたしました。
● レア度★★★以上確定の「デスメタル」専用「プレミアムデカール購入」開始!
  それを記念して「超汁祭(ちょうじるまつり)」開催!
● デスメタルで「トリプタミンD」が購入可能に!
● 「第四段階 開発可能装備」に新しく16種類が追加!
● 新デカール「火の発見」が追加!

各企画の詳細は『LET IT DIE』運営サイトをご確認ください。また、生配信の模様もご視聴いただけます。ぜひご覧ください。
リンク

【『LET IT DIE』とは】
「パイセン 頂点(てっぺん)、目指しちゃって下さい」
変動し続ける“バルブの塔”を舞台に、いかに装備やアイテムを駆使し敵を倒しきるかという弱肉強食のサバイバルアクションゲーム。殺るか殺られるかの非同期対戦PvPが、人懐っこい死神を誘うカオス&ポップな世界観でローグライクに繰り広げられる、ガンホーとグラスホッパーがタッグを組んだ衝撃の意欲作となっています。

[特徴]
・豊富で意外性のある武器やアイテムを使いながら体感できる骨太なローグ型ハック&スラッシュアクション、
・ハイパーバイオレンスなレイジムーブ&ゴアティカル アタック
・非同期対戦PvP
・パンクな死神アンクル・デス、保険会社「ダイレクト・ヘル」のセールスレディ瀬戸 際子、掃除屋にして最強の存在ジャッカルズなど、カオスでポップな世界観を彩る独特なキャラクター

[関連サイト]
・ 国内版公式サイト
リンク
・『LET IT DIE』公式facebook
リンク
・『LET IT DIE』公式twitter
リンク

========『LET IT DIE』基本情報 ==============
タイトル :LET IT DIE(レット イット ダイ)
ジャンル :サバイバルアクションゲーム
対応機種 :PlayStation(R)4
発売日  :通常版  2017年2月2日(木) / パッケージ版  2017年3月9日(木)
価格    :通常版 108円 ※価格分のデスメタル付き
パッケージ版 6,900円(税別)
※デスメタルを含むお得なアイテム付き
※通常版、パッケージ版は同じゲーム内容です。
※別途ゲーム内課金あり。
オンライン :非同期型オンライン
CERO区分   :Z(18才以上のみ対象)
公式サイト  :リンク
発売元    :ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
開発元    :株式会社グラスホッパー・マニファクチュア
コピーライト表記
(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
※ 上記「基本情報」は国内サービスの情報です。
※ 上記ゲーム内画像は開発中のものです。予告なく変更する場合がございます。
※ 社名、ロゴマーク、商品名およびサービス名は商標または登録商標です。
※「PlayStation」および「PS4」は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※ 記載されている内容、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事