logo

テュフ ラインランドが、自動車の情報セキュリティ規格の検査機関に認定

テュフ ラインランド ジャパン株式会社 2017年06月14日 10時50分
From PR TIMES



[画像: リンク ]


(テュフ ラインランド ドイツ本社が発表したプレスリリースの参考訳です)

テュフ ラインランドは、このたび自動車業界向けに情報セキュリティ試験の提供を開始しました。これにより、テュフ ラインランドは、自動車サプライチェーンのメーカーおよびサービスプロバイダーがVDA ISA(ドイツ自動車工業会情報セキュリティアセスメント)の情報セキュリティ規格に適合しているかについて、Trusted Information Security Assessment Exchange(TISAX)に基づき評価が可能になりました

テュフ ラインランドは、VDA ISA規格に基づく情報セキュリティ試験の実施を初めて公認された検査機関の一つです。セキュリティ試験に用いられる評価基準は、VDAの要求事項に基づいており、国際規格ISO/IEC 27001に規定された情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の必須要件が含まれています。

情報セキュリティは自動車業界において、成功のカギを握る重要な要因の一つです。その影響は開発過程における構造データのやり取りだけでなく、製造過程における機能安全、ネットワーク生産システムにおける自動データ交換、生産稼働率および信頼性にまで及びます。また、コネクテッドカーの台頭にともない、サービスプロバイダーや部品メーカーは、顧客に対し、自動車情報セキュリティ規格への準拠を定期的に証明しなければなりません。

テュフ ラインランド グループICT担当ヴァイスプレジデント、フランク・ルシチャは次のように述べています。「TISAXイニシアチブをサポートすることができ、光栄に思います。テュフ ラインランドは、産業分野の安全について140年以上にわたる経験を有し、企業の『インダストリアルIoT』(IIoT)の安全性を高めるために支援をしています。多くのメーカーやサプライヤーは情報セキュリティアセスメントを独自で既に実施されていますが、今後は業界全体に認知されているTISAXの確立されたアセスメントもご利用いただけます」。

自動車サービスプロバイダーおよび自動車メーカーの情報セキュリティアセスメントに関する詳細、ならびにテュフ ラインランドによるアセスメントの実施方法については、www.tuv.com/en/tisax(英語)をご覧ください。


テュフ ラインランドは、140年の歴史を持つ世界でもトップクラスの第三者検査機関です。グループの従業員数は全世界で19,700人、年間売上高は19億ユーロにのぼります。第三者検査のエキスパートとして、人々の暮らしのあらゆる面で、品質、安全、環境、テクノロジーを支えています。産業用装置や製品、サービスの検査だけではなく、プロジェクト管理や企業のプロセス構築もサポートしています。また幅広い業種、職種について、専門的なトレーニングも実施しています。こうしたサービスは、テュフ ラインランドの認定ラボや試験設備、教育センターのグローバルネットワークによって支えられています。テュフ ラインランドは、2006年より国連グローバル・コンパクトのメンバーとして活動しています。ウェブサイト: www.jpn.tuv.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。