logo

ザ・ボディショップとクルーエルティフリーインターナショナルが動物実験世界的撤廃求めるキャンペーン実施

ザ・ボディショップ 2017年06月01日 10時59分
From 共同通信PRワイヤー

ザ・ボディショップとクルーエルティフリーインターナショナルが動物実験世界的撤廃求めるキャンペーン実施

AsiaNet 68752

ザ・ボディショップとクルーエルティフリーインターナショナルが
化粧品および原料における動物実験の世界的撤廃を求めるキャンペーンを実施

ロンドン(英国)、2017年6月1日/PRニュースワイヤー/ --

-ザ・ボディショップが、何十年にもわたる化粧品の動物実験を終わらせるよう国連に呼び掛け-

ザ・ボディショップ(The Body Shop)は本日、2020年までに化粧品および原料の動物実験を世界的に禁止することを求め、美容業界に大変革をもたらし、世界中の数百万匹の動物を守るキャンペーンを開始しました。動物実験廃止運動をリードする国際的非営利団体のクルーエルティフリー インターナショナル(Cruelty Free International)との連携により、ザ・ボディショップは、このキャンペーンを国際連合(United Nations)に持ち込み、化粧品と原料における動物実験を禁止する国際条約の施行を要求します。

(写真: リンク )

世界の80%の国には化粧品に関する動物実験を禁止する法律がないため、動物実験がおこなわれる可能性は今なお世界中で非常に大きなリスクとなっています。しかも、ほとんどの国は動物実験に基づく安全データを義務付けておらず、信頼できる代替法もあり、ザ・ボディショップを始めとする化粧品メーカーが自社の製品に革新的で効果的なクルーエルティフリーの原料を使用しているにもかかわらずです。クルーエルティフリー インターナショナルは、未だに毎年約50万匹の動物が化粧品の動物実験に使われていると推定しています。

化粧品の動物実験に関する規則は現在のところパッチワークのような寄せ集めです。世界中の法律がさまざまであるため、消費者は十分な情報が得られません。従来の動物実験は、化粧品と原料の安全性を確実に検出することが実証されているわけではありませんが、現在は、人工的に培養した人間の皮膚のような最新の代替法があり、大抵の場合、動物実験と変わらない有効性が見られ、当局による認証を受けています。

ザ・ボディショップのインターナショナルキャンペーン・CR担当シニアマネージャーのジェシー・マクニール=ブラウンは、次のように語ります:「どんな動物も化粧品の名のもとに傷つけられてはならず、製品や原料の動物実験は時代遅れで残酷で不必要であると、ザ・ボディショップは強く信じています。そこでザ・ボディショップとクルーエルティフリー インターナショナルは、化粧品の製品と原料の動物実験を世界的に禁止するよう求める過去最大で最も野心的なキャンペーンを行うために連携したのです。

私たちが1980年代に始めた活動を、このキャンペーンで終わりにします。世界中で動物実験に反対する800万人以上の人々に、私たちのキャンペーンに参加し請願書に署名するよう呼びかけています。私たちはこの請願書を国連に提出し、化粧品と原料の動物実験の世界的禁止を支援してくれるよう呼びかけます」

クルーエルティフリー インターナショナル代表のミシェル・シューは、次のように述べています:「人々は、動物実験について良く分かっていません。世界中で、人々はこの残酷な行為をやめさせたがっていますが、既存の法律は様々な規則の寄せ集めで、すべてを網羅しきれていません。動物を使わない安全性テストを求め、化粧品の動物実験禁止に向けた取り組みをする国が増え続ける中、まだしなければならないことがあります。製品と原料で動物実験が許されている場合でも、ほとんどの国では一般大衆や規制当局に対してさえ実験データを公開する義務がありません。このため動物実験がどれだけ広く行われているかを知るのが非常に困難です。未だ世界の80%の国で化粧品の動物実験が許されているため、世界的禁止が動物たちの苦しみを真に撲滅する唯一の方法なのです」

ザ・ボディショップとクルーエルティフリー インターナショナルの新しいキャンペーンでは、世界中で永久に、化粧品と原料の動物実験を国際的に禁止するよう呼びかけていきます。動物実験反対の最も野心的なキャンペーンであり、800万人の人々を巻き込んで、この行為を確実に廃止する国際条約の施行を国連に求める請願書に署名してもらうことを目標としています。請願書はオンライン(リンク )、または世界中のザ・ボディショップ店舗で署名できます。この問題に対する認識を高めるため、消費者の皆さまはぜひSNSでキャンペーンのハッシュタグ#ForeverAgainstAnimalTestingを使って拡散してください。

ザ・ボディショップは1989年、国際的ビューティブランドで初めて化粧品の動物実験に反対するキャンペーンを行い、2013年の欧州連合(EU)全域における動物実験禁止に導きました。

クルーエルティフリー インターナショナルは、動物を使った実験が必要であると望んだり信じたりする人のいない世界を作る取り組みで、指導的立場にある組織です。


情報源:ザ・ボディショップ


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。