logo

グループエムがグローバルコンテンツ投資・権利マネジメントのMotion Content Groupを立ち上げ

グループエム(GroupM) 2017年05月18日 10時17分
From 共同通信PRワイヤー

グループエムがグローバルコンテンツ投資・権利マネジメントのMotion Content Groupを立ち上げ

AsiaNet 68560 (0719)

【ロサンゼルス、ロンドン2017年5月17日PR Newswire=共同通信JBN】世界的なメディア投資グループのグループエム(GroupM、リンク )は17日、新しいグローバルコンテンツ投資および権利マネジメント企業のMotion Content Group(Motion)の立ち上げを発表、エンターテインメントおよびメディア市場でのプレミアムコンテンツのための新しい経済モデルへの高まる市場需要に応える。

Logo - リンク
Photo - リンク
Photo - リンク

Motionは世界をリードするタレント、プロデューサー、ディストリビューターへの投資、提携を推進し、プレミアムコンテンツへ資金提供し、開発、制作、配信する。同社はまた、グループエムの現行コンテンツ投資および運営の強化と多様化を図るとともに、規模と競争上の優位性を確保するために関係およびコンテンツ専門知識のグループエムとWPPの世界ネットワークを活用する。

Motionは、コンテンツに関するWPPの戦略的目標および投資もサポートする。これには、Imagine Entertainment(24、EMPIRE)、The Weinstein Company(DJANGO UNCHAINED、
THE KING'S SPEECH)、Media Rights Capital(HOUSE OF CARDS、22 JUMP STREET)、MediaPro(MIDNIGHT IN PARIS)、Russell SimmonsのデジタルベンチャーAll Def Digitalなどの企業に対する大幅な戦略的投資が含まれる。

現在GroupM Entertainment責任者であるリチャード・フォスター(Richard Foster)氏がロンドンとロサンゼルスを本拠とするMotion Content Groupの最高経営責任者(CEO)に任命された。MotionはGroupM Entertainmentのチームおよびリソースに加え、GroupM Entertainmentが提携して開発、制作してきたすべてのプログラムを取り込む。

GroupM Entertainmentが資金提供した受賞歴のあるコンテンツは、100以上の大手プロデューサーおよび世界をリードする20以上の配信会社との提携を通じて、世界中の市場に配信されてきた。Motionは自前の資金をコンテンツ契約および提携に投資するので、グループエムのエージェンシーがクライアントから請け負う多数のブランド付きコンテンツ業務とは別のサービスであり、それを補完するものである。

Motionの世界規模の事業展開、投資、提携は、プロデューサー、ネットワーク、プラットフォームの記事体広告の要望および商業上の要件をサポートし、広告主にとってコンテクスト的に安全かつ高品質な環境を推進することに役立つ。

WPPのマーティン・ソレルCEOは「Netflix、Amazonなどの新しいコンテンツ企業が急成長するに伴い、プレミアムコンテンツの競争は世界中で加熱している。WPPはMotion Content Groupに投資し、当社のコンテンツ制作および配信能力を強化して変化する閲覧者のニーズに応えるとともに、広告主が継続して高品質なコンテンツ環境で消費者にリーチできることを支援する」と語った。

グループエムのケリー・クラークCEOは「われわれはこれまで、当社の世界的なスケールとリーチを駆使し、広告主およびメディアパートナーのためのメディア・エコシステムを強化する革新的なアプローチを見つけ出してきた。Motionはこれらの取り組みを拡大するというグループエムの主要なコミットメントの1つである」と語った。

Motion Content Groupのリチャード・フォスターCEOは「われわれは当社のコンテンツ・パートナーおよび広告主のために、記事体広告でも商業的にも活力に満ちたプレミアムコンテンツを開発し、それをサポートすることを目標にしている。われわれは、継続的にコンテンツ業界に投資し、新しいモデル、商業コンテンツ構造、メディアネットワーク、プラットフォーム、タレント、プロデューサー、ディストリビューターとの提携などの開発をリードすることによって、この目標を実現する」と語った。

▽Motion Content Groupについて
Motion Content Groupは世界規模のコンテンツ投資および権利マネジメント企業であり、エンターテインメントおよびメディア市場におけるプレミアムコンテンツの新しい経済モデルを要望する市場の需要に応える。これは、世界をリードするタレント、プロデューサー、ディストリビューターに投資し、それらと提携して、プレミアムコンテンツへ資金提供し、それを開発、制作、配信することによって達成され、われわれのコンテンツ・パートナーおよび広告主の包括的利益のために、記事体広告でも商業的にも活力あるプレミアムコンテンツ・ネットワーク&プラットフォームを推進、支援することに寄与する。

ロンドンとロサンゼルスを本拠とする同社は現在、世界で配信されているMotionの広範な受賞歴のプログラムによって、世界26カ国で事業展開している。

Motion Content Groupは、世界をリードするフルサービスのメディア投資マネジメント企業でWPP系列のグループエムの傘下企業である。

▽グループエム(GroupM)について
グループエムは世界をリードするメディア投資マネジメント企業で、Mindshare、MEC、MediaCom、Maxus、Essence、m/SIXをはじめ、プログラマティック・デジタルメディア・プラットフォームXaxisなどWPPメディアエージェンシーの親会社として事業展開している。これらのエージェンシーはそれぞれが独自に世界展開し、市場をリードする地位を占めている。グループエムの主要目標は、トレーディング、コンテンツ作成、スポーツ、デジタル、ファイナンス、独自ツール開発におけるリーダーおよびコラボレーターとして事業展開することによって、WPPメディアエージェンシーのパフォーマンスを最大化することである。グループエムは、クライアント、株主、人々に他の追随を許さない市場の優位性を提供することに重点を置き、クライアントの利益のためにWPPのデータ投資管理グループのKantarと協力を緊密にしている。グループエムとKantarは両社で、WPPグループの売上高200億ドル余のうちの50%以上を占めている。

グループエムに関する詳細はウェブサイトリンク を参照。
Twitter(@GroupMWorldwide)でフォローを。
LinkedIn(リンク )でグループエムのフォローを。

▽メディア問い合わせ先
David.Grabert@GroupM.com
+1 212.297.8092 (U.S.)

Samantha.Kops@GroupM.com
+1 917.421.3019 (U.S.)

ソース:GroupM

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事