logo

キリンオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」にて「マンスリー シャトー・メルシャン」企画「シャトー・メルシャン 甲州今昔物語セット」を限定発売

キリン株式会社 2017年04月06日 14時00分
From Digital PR Platform


メルシャン株式会社(社長 代野 照幸)は、キリンオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」(リンク)にて、日本ワインを季節とともに楽しむ、「マンスリー シャトー・メルシャン」の4月の企画として、「シャトー・メルシャン 甲州今昔物語セット」(150セット限定)を、4月6日(木)14時※よりDRINX限定で発売します。
※当時間まではお買い求めいただくことはできませんのでご了承ください。

本企画は2016年3月よりスタート。日本ワイン「シャトー・メルシャン」より“ワインを愉しむ12ヶ月”として、毎月季節に合わせたテーマでワインを提案し、好評を博しております。2017年は、日本で本格的にワインが造られはじめて140年という記念すべき節目の年となるため、「マンスリー・シャトー・メルシャン」では、この4月より、シャトー・メルシャン チーフ・ワインメーカー 安蔵光弘が、さらに深く日本ワインの魅力に迫る特別企画を開始いたします。
第一回目となる4月のテーマは、日本ワインの歴史を担ってきたといっても過言ではない、日本固有のブドウ品種「甲州」。いまや世界からも注目を集める“日本ワインの原点”ともいえる「甲州」から、ワインの歴史をひもときます。


●シャトー・メルシャン  甲州今昔物語セット【限定150セット】
「甲州」と言えば、以前は特徴のない凡庸なワインと評されることもあり、甘口のワインが多く造られていたこともありましたが、1985年、日本ワイン市場活性化のため、後の勝沼ワイナリー(現シャトー・メルシャン)工場長の浅井昭吾(筆名・麻井宇介)が、企業秘密とも言えるシュール・リーの製法を、勝沼にあるワイナリーに惜しみなく公開したことが契機となり、今では「甲州のシュール・リー」といえば、甲州の辛口ワインを示す代名詞にもなりました。そんな日本ワインを今も昔も牽引してきたシャトー・メルシャンのシュール・リー製法の甲州ワイン。フレッシュながらうまみと厚みのある2015年ヴィンテージと、バランス良く熟成した、今では貴重な2011年ヴィンテージの2本をセットにしてお届けします。

・シャトー・メルシャン 山梨甲州 2015(白・辛口・750ml、アルコール度数11.5%)
山梨県で古くから栽培されている日本固有のブドウ「甲州』を使用し、春まで貯蔵タンク中で澱と接触させ育成(シュール・リー製法)することで、しっかりとしたうまみと厚みのある辛口ワインに仕上げています。和洋折衷、さまざまなメニューが登場する日本の食卓におすすめのワインです。

・シャトー・メルシャン 勝沼甲州 2011(白・辛口・750ml、アルコール度数12.5%)
甲府盆地の中でもブドウの色づきの良い勝沼地区の甲州ブドウを使用し、春まで貯蔵タンク中で澱と接触させ育成(シュール・リー製法)することで、しっかりとしたうまみと厚みのある辛口ワインに仕上げました。甲州では珍しい長期間の熟成を経た、今では貴重な2011年ヴィンテージです。

〔商品概要〕
1.商品名 ・本体価格 「シャトー・メルシャン 甲州今昔物語セット」3,670円(税込)
2.発売日時・場所 4月6日(木)14時 キリンオンラインショップ「DRINX」リンク
3. 販売数量 150セット限定


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。