logo

京王電鉄バスグループ、IoTを含む様々なデータの連携・活用基盤として「DataSpider Servista」を導入

~基幹システム、kintone、運行情報等を徹底活用し業務効率化を推進~

株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)と、株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:内田 和弘)のグループ会社である株式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:小野 和俊、略記:アプレッソ)は、京王電鉄バス株式会社(本社:東京都府中市、代表取締役社長:川杉 範秋)を中心とした京王電鉄バスグループ(略記:京王バス)の業務効率化を推進するデータ連携基盤として「DataSpider Servista」が導入および活用されていることを発表します。

京王グループの中核会社として乗合および高速バス、貸切バスを運行する京王バスでは、2015年以降、業務アプリケーションのクラウドサービス「kintone」(提供元:サイボウズ株式会社)を活用してシステム改革を推進してきました。例えば「遺失物管理」では、警察への届け出、顧客からの問い合わせ対応などが日常的に発生し、台帳やExcel等での管理が現場の負担となっていた業務のシステム化・効率化を実現しました。

kintoneのさらなる活用を目指す京王バスでは、次のステップとして、基幹システムも含めた社内外にあるデータを迅速かつ相互に連携させる仕組みを導入することで、これまで難しかった業務改善やシステム運用の負荷軽減を実現するという課題に着手することになりました。そこで、自社で独自にツール調査を行い、アプレッソ主催のハンズオンセミナーに参加、さらにアシストからトライアル環境の構築支援等を受け、製品の持つ開発生産性、連携アダプタの豊富さ、運用の容易さに加え、アシストのサポート力を高く評価し、DataSpider Servistaの採用を決定しました。

具体的には、トライアル時に、営業所での点呼時に発生するデータのリアルタイムでのデータ連携を2週間ほどでプロトタイプを作り上げたことや、人事給与システム再構築時の他システムとのインターフェイス開発を内製化し大幅にコスト削減できる目途が立てられたことが採用の大きなポイントとして挙げられます。

2016年3月にDataSpider Servistaを本格導入した京王バスでは、次のような効果が生まれています。

・バスに設置されているデジタルタコグラフ等の情報と、kintone上の乗務員指導管理システムをデータ連携させることにより、様々な情報を人の切り口で横串に表示しタイムリーに指導できるようになった。
・入社時の人事情報やバス車両の新車・廃車情報といった社内で共通利用する情報は基幹システム側で登録し、kintone上では二重登録しないことで、作業負荷が大きく軽減した。
・運行情報、基幹システム、kintoneアプリケーションをデータ連携させるだけでなく、発生したデータを処理・加工し別のシステムで利用するなど様々な連携が可能になり、システム化がさらに推進されたことに加え、必要な情報を必要な部署がすぐに参照・利用でき業務効率化につながった。

京王バスでは、今後、バスダイヤの最適化、車両や人の状態検知など、IoTを含む様々なデータの連携基盤としてDataSpider Servistaを活用し、さらなる業務改善を推進していく予定です。


■「DataSpider Servista」について

「DataSpider Servista」は、システムの接続方法やフォーマットの違いを意識することなく、すばやく簡単に「つなぐ」ことができるデータ連携ソフトウェアです。プログラミングの高い知識を必要としないGUI開発環境を提供し、クラウドやSAP、データベースといった様々なタイプのデータを手軽に接続できるアダプタを介して、データ連携の自動化と業務の効率化を支援します。


■京王電鉄バス株式会社について

代表取締役社長:川杉 範秋
設立:2002年2月1日
従業員数:472名(2016年3月31日現在)
本社:東京都府中市晴見町2-22 京王府中晴見町ビル
事業内容:乗合バス事業/貸切バス事業/その他
URL:リンク


■株式会社アプレッソについて

代表取締役社長:小野 和俊
創業:2000年4月3日
資本金:2億6,700万円
本社:東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル2F
URL:リンク

「つくる」から「つなぐ」をコンセプトに、データ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」、ビジネスプロセス連携製品「DataSpider BPM」、スケジュール連携製品「PIMSYNC」、クラウド・オンプレミス間をセキュアにデータ連携する製品「Thunderbus」の開発・販売・サポートを行っています。主力製品のデータ連携ソリューション「DataSpider Servista」は発売以来、国内2,900社以上のお客様にご導入いただいており(2017年1月現在)、2016年12月よりクラウド型サービス「DataSpider Cloud」の提供を開始しました。アプレッソは、多くの販売パートナーとのサポートやコンサルティング・サービスでの協業により、広範な企業ユーザーの開発効率、生産性、コスト削減に貢献するソリューションを提供しています。

※ 2017年4月1日より、株式会社アプレッソが開発する製品の販売に関わる業務部門を、株式会社セゾン情報システムズと統合いたします。


■株式会社セゾン情報システムズについて

代表取締役社長:内田 和弘
設立:1970年9月1日
資本金:1,367,687,500円
本社:〒170-6021 東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャイン60 21F
事業内容:カードシステム事業、流通・ITソリューション事業、HULFT事業
証券コード:9640 (東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)
URL:リンク


■株式会社アシストについて

代表取締役会長:ビル・トッテン/代表取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
従業者数:1,070名(2016年4月現在)※グループ会社含む
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL:リンク

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースを中心に、近年ではクライアント仮想化やビジネスルール管理、データ・プレパレーション分野も拡充し支援しています。今年も“「お客様の最高」のために”というスローガンのもと、これらの分野にさらに注力し、顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。


■ニュースリリースに関するお問い合わせ

株式会社アプレッソ マーケティング企画部 担当:桑田
TEL:03-4321-1111 E-Mail:info@appresso.com

※4月1日以降、本件に関する問い合わせは下記の連絡先へお願いいたします。

株式会社セゾン情報システムズ HULFT事業部 マーケティング部
TEL: 03-3988-5301 E-Mail: info@hulft.com

株式会社アシスト 広報部 担当:田口、吉田
TEL:03-5276-5850 URL:リンク


■「DataSpider Servista」に関するお問い合わせ

株式会社アシスト 情報基盤事業部 ビジネス推進部 担当:宇野
TEL:03-5276-3653
詳細URL:リンク

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。