logo

炭酸大型容器の仕様変更によりパレット当たりの積載効率が1.5倍向上~炭酸大型容器の出荷に使用するトラック台数を年間で約2割削減~

キリン株式会社 2017年03月28日 14時00分
From Digital PR Platform


キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)は、環境に配慮したやさしいパッケージ開発の一環として、炭酸大型容器(1.5)の仕様変更を実施します。本仕様変更により1パレット当たりの積載箱数が、40箱(10面×4段)から60箱(15面×4段)となり、積載効率が1.5倍向上します。また、本仕様変更により、炭酸大型容器の出荷に使用するトラック台数を年間で約2割※削減することが期待されます。新仕様の商品は、3月下旬から“強炭酸”が好評の「キリン メッツ」ブランドを中心に順次導入されます。
※ 16年の炭酸大型容器出荷実績より算出。

今回の炭酸大型容器の仕様変更にあたっては、“胴径”を直径92.5mmから直径89.5mmに変更しました。ボトルの高さについては、現行の303.57mmを継続しています。

【胴径】
直径89.5mm(3mm縮小)
                        
【ボトルの高さ】
陳列棚を考慮し現行(303.57mm)維持。 
          
【肩部形状】
胴径縮小による容量減少分を肩部形状を変更することで確保。

【対象商品】
 ・キリン メッツ コーラ1.5Lペットボトル
 ・キリン メッツ グレープフルーツ1.5Lペットボトル
 ・キリン メッツ レモン1.5Lペットボトル
 ・キリン メッツ アップル1.5Lペットボトル
 ・キリン レモン1.5Lペットボトル
 ・キリン 大人のキリンレモン1.5Lペットボトル

キリングループはCSV(Creating Shared Value、社会と共有できる価値の創造)として「健康」「地域社会」「環境」という3つの社会課題に取り組み、お客様と共に幸せな未来をめざしていきます。キリンビバレッジにおいては、環境負荷を抑えた施策や、環境活動に対する支援を積極的に行っています。これからも豊かな地球の恵みを将来にわたって引き継いでいくため、環境に対する取り組みの輪を広げていきます。

添付資料:パレット積載画像1枚


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事