logo

グロースハックスタジオ、事業開発用のプラクティス「THRUSTER」を公開

GHS 2017年02月20日 10時30分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]



2017年2月20日

報道機関各

グロースハックスタジオ、事業開発用のプラクティス「THRUSTER」を公開


 事業のボトルネック監視・発見を目的にしたビジネス・マネージメント・サービスを提供する株式会社グロースハックスタジオ(本社:東京都品川区 代表取締役 和家翔 以下GHS)は、当社が独自に考案した事業開発用のプラクティス「THRUSTER(スラスター)」を公開することにいたしました。

 事業開発の根本課題とも言える「生産性が上がらない問題」について、GHSは「その時のボトルネックではない課題に対して、PDCAを回してしまう」ことが、その問題の本質と認識しております。

 これまでGHSは様々な事業開発現場にてTHRUSTERを導入してきました。結果として事業進捗のスピードが早まりステージアップを図れた事業も多くでてきたこともあり、今回公開する運びといたしました。

 THRUSTERによって事業進捗の生産性が上がり、1つでも多くのサービスが成長の軌道に乗れるよう切に願っております。


【THRUSTER(スラスター)とは】

[画像2: リンク ]



 THRUSTERは「事業開発の生産性を高める」為に必要な以下4つの項目を定義したものになります。

・事業ステージ
・ロール(役割)
・成果物
・会議体

 尚、THRUSTERはB2CにかぎらずB2Bにも適用可能です。


公開URL : リンク


【THRUSTERの名前の由来】

 THRUSTERとはロケットを軌道に乗せる為のエンジンのことです。ロケットを最小限のエネルギーで軌道に乗せる行為が、事業を軌道に乗せていく行為と同じであることが名前の由来です。
 

【会社概要】
会社名    :株式会社グロースハックスタジオ
代表     :代表取締役 和家 翔 広岡 一実
設立     :2015年4月
URL     :リンク
事業内容   :事業開発向けビジネス・マネージメント・サービスの提供


本件に関するお問い合わせ先
hello@ghs.tokyo

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。