logo

ITアウトソーシングサービス独自のプロジェクト運用メソッド「iBiQ」を刷新 提案型プロジェクト運営で、お客様の期待を超えるアウトソーシングへ

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ 2017年01月17日 13時10分
From PR TIMES

~安定的な運用と高品質のサービス提供にプラス、お客様の本質的な課題の発見・解決策を提案~

総合人材サービス・パーソルグループの株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役社長 :長井 利仁、以下「IBS」)は、ITアウトソーシングサービスの独自のプロジェクト運用メソッド「iBiQ(アイビック)」を刷新いたしました。これまでの「iBiQ」は、プロジェクトの安定的な運用と、高品質なサービスの提供を目的とした構成となっていましたが、それに加え刷新後は、社員一人ひとりがお客様の本質的な課題を発見し、解決策を提案することを追加いたしました。これにより、更なる品質向上の実現、お客様の期待以上の成果を発揮する、ITアウトソーシングサービスの提供を目指します。

-「iBiQ」とは
「iBiQ(Integrated Basis for Intelligence Quality management system)」はシステムやネットワークの保守・運用、各種サポートデスク等のアウトソーシングを手がける「ITアウトソーシングサービス」のサービス品質管理を目的に、IBSが独自開発をしたプロジェクト運用メソッドです。ITサービスマネジメントの国際規格/「ITSMS(ISO/IEC20000)」やベストプラクティス/「ITIL」をベースに、を活用することで、円滑なプロジェクト組成と早期のパフォーマンス提供、および安定的、且つ高品質なサービスを提供しております。

■背景
ITアウトソーシングによるサービス提供において、IBSはお客様から求められる業務、および成果を、短期間で実現することはもちろんのこと、一定の品質が担保されたプロジェクト運営を実現してまいりました。ですが、昨今のビジネスを取り巻く環境の急激な変化に伴い、お客様からの要望も多様化、高度化しており、これまでの最適なプロジェクト運営だけではお客様の満足度を高めることが難しく、企業の競争力低下にもつながりかねない状況となっています。

■概要
上記のことから、外部の視点だからこそ分かるお客様の本質的な課題の発見や、解決策の検討・提案が求められています。その為、IBSではプロジェクト運用における、手法や手順など、プロジェクトを成功に導くための要素を含んだプロジェクト運用メソッド「iBiQ」を以下の通り改定いたしました。

-求められることだけをやるのではない、お客様の期待を超える一歩先のアウトソーシングへ
「お客様の本質的な課題の発見や解決策の検討・提案」という志向を、社員一人ひとりが持ち、行動することが重要だと捉え、その要素やプロセスを「iBiQ」の随所に盛り込んでいます。具体的には、お客様から求められていることだけを実行するのではなく、お客様のビジネスに必要なことや課題は何か、ビジネスへの影響などを考えることで、お客様も気付かない滞在的な課題の発見ができ、その課題を解決することで、お客様の期待以上の成果を促進します。

-プロジェクト運営に必要な7つの視点と29項目のプロセス
「iBiQ」はプロジェクトを運営する為に必要な要素として7つの視点と29項目のプロセスで構成されています。
これまでの「iBiQ」は、プロジェクト運営において必要な要素として(1)ミッション/スコープ、(2)組織/人材/育成、(3)運用(プロセス)(4)管理/改善、(5)報告、(6)メンバーマネジメントの6つの視点を掲げていましたが、本改定において、(5)フェーズの終結(6)ヒューマンマネジメントに変更し(7)営業を追加いたしました。
これにより、これまでの「プロジェクトを効率良く運営していく」という視点から、「更なるプロジェクトの効率化」「改善をし続けていくことで次の提案につなげお客様のビジネスの拡大に貢献する」という要素が含まれています。

-プロジェクトの状態ではなく、具体的なアクションに置き換えたアセスメントシート
社員一人ひとりのレベルの把握、およびプロジェクトの状態を把握するため、アセスメントシートを活用したスキルアセスメントを実施しています。これまでのアセスメントシートは、PDCAにおける「~されている」といった“状態”をチェックするものでしたが、本改定によってチェック項目を「~を実施した」「~を作成した」などの“アクション”に変更したことで、「した」「していない」の判断が明確になり、正確な分析が可能になりました。

7つの視点を細分化した29項目のプロセスそれぞれを実現するための具体的なアクションが111項目あり、それらをチェックすることで、自身のレベル、および不足しているアクションが明確になります。また組織においても、社員・プロジェクトごとのレベルが可視化され、キャリア形成をプランニングする際の指標として活用することはもちろん、注力すべき育成のポイントを把握することが可能となります。

-人材育成により業務が効率化されることでプロジェクト・組織全体のレベルが向上
アセスメントシートの分析結果から育成ポイントを集約し、それらを研修等で補うことで、社員一人ひとりのレベルを向上させ、高いパフォーマンスを発揮できる人材を育成、プロジェクト・組織全体のレベルの底上げが可能になります。これにより業務の効率化・生産性の向上がはかれ、時間的な余裕が生まれることで、更なるお客様の課題の発見や提案などを行うことが可能となります。

「iBiQ」のこれらの改定により、社員一人ひとりが課題意識を持ちながら業務を行うことで、お客様も気付かない課題や本質的な課題を発見し、改善策を提案・実行いたします。それによりサービスの更なる品質向上はもちろん、コスト削減等を実現し、お客様のビジネス成長を支援してまいります。


<株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)について>
リンク
IBSは、人・プロセス・ITの変革を支援する戦略的ITアウトソーシング企業です。
総合人材サービス企業PERSOL(パーソル)グループの中核会社として、人材から考えるサービスインテグレーターを目指しています。PERSOL(パーソル)グループならではの、人材に関する高いノウハウを活かし、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングも実施します。

<「PERSOL(パーソル)」について>
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣のテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のインテリジェンスをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。