logo

奇妙でせつないラブ・ストーリー 村上春樹氏『スプートニクの恋人』電子書籍配信開始のお知らせ



株式会社講談社は、2016年12月16日(金)より、村上春樹氏の長編恋愛小説『スプートニクの恋人』を電子書籍として配信開始いたします。
「旅の連れ」という皮肉な名を持つ孤独な人工衛星のように、この広大な世界で、誰もがかわす言葉も結ぶ約束もなくすれ違い、別れ、そしてまたふとめぐりあう。そんなスプートニクの末裔たちの恋の物語です。

[画像: リンク ]


講談社は2015年11月27日に、村上春樹氏のエッセイ『遠い太鼓』『やがて哀しき外国語』の電子書籍を配信したのを皮切りに、2016年7月1日には初期三部作である『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』を配信しました。いずれも各電子書店でたちまちベストセラーになり、今日なお注目され続けております。
ある書店の調査によれば、ユーザーの年齢層は、刊行時にリアルタイムで触れたであろう40~50代が中心ではあるものの、30代以下も3割近くいることから、初期三部作が刊行された70~80年代に生まれた世代にも確実に読まれ、新たな読者が生まれていることがうかがわれます。

講談社BOOK倶楽部 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。