logo

「いつでもどこでも瞬間ショッピング」を進展、 インスタグラム用の新機能プリモリンクを、日米で同時展開

プリモ株式会社 2016年12月05日 11時00分
From DreamNews

プリモ株式会社
2016年12月5日

 インターネットテクノロジー企業、プリモ株式会社(代表取締役 フィリップス・アバサ)は、インスタグラム以外の企業では初として、インスタグラムで告知・販売されている製品の「瞬間ショッピング」を実現させる新機能「プリモリンク」を、11月29日から、日本と米国で同時に展開しました。

 プリモリンクを使えば、インスタグラム上で販売されている製品を、広告主や出展者とのメール交信や外部ECサイトへの移動など無しで、たったの3クリックで電子決済を含めた買い物ができます。全世界でスマートホン、そしてインスタグラム等のSNSのユーザーおよび広告主が増える中、今後、SNSでのネットショッピングやモバイル決済市場が急速に進展すると予想されます。一方、SNSにおける買い物は未だに概してSNS内で完結せず、複雑で時間がかかります。その中で当社としては、まずはインスタグラムでの買い物体験の改革に取り組みます。


■インスタグラムでの買い物を楽しくするプリモリンク(PRIMO Link)

 プリモリンク(PRIMO Link)とは、インスタグラム用の新しいネットショッピング形態のアプリケーションへのリンク機能です。インスタグラムの広告主や出展者が「プリモリンク(PRIMO Link)」というリンク自社商品の写真に埋め込めば、ユーザーが商品を簡単に購入できるサービスを提供できます。

 ユーザーはプリモリンクを使用すれば、わずか3クリックでモバイル決済含めたネットショッピングができます。ユーザーが対象商品の写真画像の下のリンクボタンをクリックしてそこからプリモ(PRIMO)*のアプリケーションを起動させて購入します。「いつでもどこでも瞬間ショッピング」が可能という革新的なモバイル商取引のプラットフォームであるプリモにインスタグラムから瞬時に誘導されることで、ユーザーは全く新しいネットショッピングを体験できるようになります。

 プリモリンクを使えば、ユーザーはインスタグラム上の商品の広告主や出展者とメール交信や、外部ECサイトに移動等の必要がなく、インスタグラム内で瞬時に目的を達成することができ、その利便性を十分に享受することができます。販売側の広告主や出展者にとっては効率性が高まり、またプリモでのオンラインおよびオフラインの他のチャンネルでの購入に関するデータベースとの連動も可能です。
*モバイル端末に専用アプリをダウンロードすれば、消費者が自由に買い物と決済を行えるショッピング形態の決済アプリケーション

【プリモリンクの特徴】

1.ユーザーは取引時間をなくし、欲しいと思った瞬間に商品購入が可能です。
2.プリモリンク先の製品ページにアクセス後、アプリケーションの起動、購入、モバイル決済の3ステップでオンラインショッピングを完結させられます。
3.オンラインショッピングでカード決済する場合の情報入力が不要です。
4.一旦プリモに登録しておけば、インスタグラムでの製品購入時に改めて登録する必要はありません。
5.広告主・出展者は売上確認など基本的なデータはもちろん、例えばプリモリンクにアクセスされた回数などの独自のデータを参照することができます。
6.チラシやカタログ、TVや雑誌などの広告を見てプリモで直接商品購入された際の顧客データと統合されるため、消費者行動をより的確に把握できます。
7.広告主・出展者は、法人・個人のいずれも可能です。販売手数料(クレジットの手数料含む)が10%かかりますが、それ以外の費用は不要で、ランニングコストもゼロです。


■プリモ株式会社について

 プリモ株式会社は、主に小売業界向けに独自のテクノロジーで新形態のソリューションを提供する企業です。2015年4月に設立され、オフィスは東京の渋谷区にあります。在日米国人の創業者をはじめ、日本だけでなく中国、米国、インドネシア、フィリピンに計10名以上の多種多様な国籍のメンバーが、国毎に買い物の文化や習慣が異なる中、多様なパターンをカバーしつつ、小売業と決済システムをつなぎ合わせるサービスを開発し、お客様のニーズに応えるべく革新的なソリューションを開発・提供していきます。

リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク

【プリモ株式会社】
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-16-13 NAIAS神宮前5階
代表取締役 フィリップス・アバサ

【本件に関するお問い合わせ先】
広報担当 小柳恵(おやなぎめぐみ)
pr@primo.im

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。