logo

『みんなの創業手帳クラウド』リリース、会社の母子手帳の創業手帳がクラウド版を提供

ビズシード株式会社 2016年10月31日 12時03分
From PR TIMES

『みんなの創業手帳クラウド』は日本初、創業者のための無料経営プラットフォームです

会社の母子手帳『創業手帳』を運営するビズシード株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:大久保幸世)は『みんなの創業手帳クラウド』を開始します。『創業手帳』は「会社の母子手帳」として日本全ての創業後の起業家に冊子を送付されています。今回クラウド版をリリースし、創業ノウハウの発信、会社や商品やサービスのPR、人材募集ができる機能、マッチング機能、『創業手帳』の膨大なデータベースをもとにした経営改善機能を無料で利用できる経営プラットフォームです。



起業家向けビジネスメディア『創業手帳』(リンク)を運営するビズシード株式会社は、10月31日(月)より『みんなの創業手帳クラウド』(リンク)を開始します。


[画像1: リンク ]

『創業手帳』は全国で毎月1万社程度設立される会社に無料で送付されている他、全国の金融機関、官公庁、税理士、全国の2/3に相当するシェアオフィスなどで配布されています。単にガイドブックを創業者に提供するだけでなく、無料のサポートも実施。全国で自治体などと連携し毎月7回の無料セミナー、月に100件以上の無料創業コンサルティングも行い、紙媒体・ネット・対面の長所を組み合わせたオムニチャネルでの創業支援を展開しています。

『みんなの創業手帳クラウド』は『創業手帳』のクラウド版として誕生しました。
創業者が商品やサービスをPR、人材募集機能、マッチング機能など無料で利用可能です。また『創業手帳』は創業経験・行動を分析・検証、各創業者において共通性、精度の高いノウハウを無料で発信しています。その膨大なデータベースをもとにした経営改善機能も無料で利用可能です。

全国的に創業支援のネットワークも不足しているケースが多いため、『みんなの創業手帳クラウド』という多くの創業者が無料で参加できる全国の経営プラットフォームを用意することで、創業者と支援する方のマッチングも促進します。


[画像2: リンク ]



【創業手帳について】
日本で会社を設立すると必ず届く経営ガイドブックです。

冊子のテーマは、資金調達、販路拡大、人材、経営、広報、Web活用、制作など多岐にわたり、各界の著名人のインタビューも多数掲載しています。単なる本ではなく、創業後の起業家がすぐにアクションを起こせる事業を推進するためのツールを目指しています。

さらに役立つ雛形や最新情報などは『創業手帳Web』(リンク)に掲載しています。

【ビズシード株式会社について】
「知で世界を変える会社」日本の創業は毎月9,000社に対し、廃業は10,000社以上あります。廃業の3割は創業後1年以内の会社です。創業企業への支援で日本の起業の成功率を上げ、日本の法人数減少を食い止め、日本経済の活性化に寄与する。それがビズシード社のミッションです。


会社名
ビズシード株式会社 (リンク

在地
東京本社   〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-10   第一下村ビル6階
大阪営業所  〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町 2-3-4アソルティ本町 4階
福岡営業所  〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目15-5 天神明治通りビル2階
セブ支社 Equicom Tower Mindanao Avenue cor. Bilran St Cebu Business Park Cebu

代表取締役 大久保 幸世
取締役 松江澄人、神田真幸
出版・メディア・広告・コンサルティング
『創業手帳リンク』『e税理士 リンク』などを展開


【取材お問い合わせ先】
下記、ご連絡先に、「取材の件」として御連絡下さい。
ビズシード株式会社 広報担当: 久保・佐々木
代表電話: 03-6415-7032
お問い合わせフォーム: リンク
メールアドレス: info@bizceed.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。